2010/02/06

公開中のパームウェアについて

このブログを立ち上げて以来、SoDaChi等のパームウェアをずっと公開してきました。

しかし、パームは日本から撤退しましたし、SONYはクリエをあきらめましたので、これ以上ユーザーが増えるとはあまり思えません。

おまけに、愛用していたクリエがとうとう壊れてしまいました。実に残念です。現在はBlackBerryを使っており、それで満足していますので、今後パームを使用することは余程のことがない限りないと思います(PalmPreは、日本では電話が使えませんし)。

なので、これを機会に、公開中のパームウェアの開発終了をきちんと宣言しておこうと思います。公開は続けますが、今後の修正・バージョンアップはもう行いません。

まだ使用されている方がおられるかも知れませんが、どうかご了承ください。そして、ご愛顧いただいた方々、どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

2009/04/23

ブラックベリーでE-Book辞書 (E-book dictionaries on BlackBerry)

20090422_2 僕は、Collins Cobuildという英英辞典を愛用しています。というのも、単語の定義がフルセンテンスで載っているからです。実際に文中でその単語がどのように使われるのかが分かりますので、とても便利です。

以前は、それをPalmに移して使っていたのですが、どうしてもBlackBerryで使いたくなりました。Palmに移すときは、EPWING形式に変換していたのですが、BlackBerry対応のEPWINGリーダーはまだありません。とても残念です。

しかたないので、海外で使われているMobipocket形式のCollins Cobuild Advanced Learner's Dictionary of British Englishを購入しました。British Englishにしたのは、カナダだからですよ。カナダでは、スペルは英国式ですから。

画面は右上のとおり、2色カラーで使いやすい。発音記号もちゃんとあります。Look upというMobipocket readerの機能を使うと、登録されている全ての辞書で同時に検索をかけられて、便利です。

不便なのは、語の検索画面にショートカット一発で移動できないこと。メニューを出して移動する必要があります。これは、一般のE-Book向けのリーダーだから仕方ないのか? それとも単にうまい方法を知らないだけなのか?

最後に、右上の画像のepilepsyの定義は厳密には間違っていますが、一般向けの辞書ですから、まあこれで良いとしておきましょうか...

Collins Cobuild Advanced Dictionary + Mycobuild.com Access (Collins Cobuild)

Collins Cobuild Advanced Learner's English Dictionary (Collins Cobuild)

実際の辞書は、第6版が出ているようですが、第5版よりCD検索の評判が悪いようです(Amazonのコメントによる)。なお、日本で昨年末近くに出版されたコウビルド英英辞典にはCDがついていないそうなので(Amazonのコメントによる)、これはお勧めできません。輸入版の方をお勧めします。

右の画像のうち、左が輸入版の第5版。右が第6版です。第6版は、見た目がだいぶ地味だな...

| | コメント (0)

2009/01/09

新しいパーム (New Palm)

新しいPalmが発表されたようですね。その名は、Palm Pre。Palm webOSという新しいOSとマルチタッチスクリーン、スライドキーボードを搭載した携帯電話です。

まだ、詳細がよく分からないから、なんとも言えないな。今までのPalmのソフトはエミュレーションで動くのだろうか? 動かないのなら、今までの資産が役に立たないので、もったいない気がする。

残念なのは、WCDMAに対応していないらしいということ。これじゃぁ、日本では電話としては使えないな。

当面は、BlackBerryのままで見守ることになるでしょうな。パケット定額プランも発表になったことだし。

| | コメント (0)

2008/10/12

BlackBerry Curveで日本語表示と入力 (Japanese input and display on BlackBerry Curve)

20081011_1 前回にBlackBerry Boldの日本語入力について書きましたが、僕がBoldに手を出さずにとどまれているわけは、値段の問題と、今持っているBlackBerry Curveで日本語入力ができることを最近知ったからです。でも、Boldがうらやましいので、待ち受け画面のテーマは、Bold風にしていたりします(笑)。

Curveでの日本語の表示に関しては、ココに書きましたように解決済みだったのですが、日本語入力システムはCurveのOSでは公式には存在していませんので、あきらめていたのです。NamiMailというソフトがあるのですが、有料ですし、購読システムなので、毎月使用料を支払わないといけません。

20081011_2 ところが、発見しました! KKJConvというソフトです。これは、正確には日本語入力システムではありません。日本語の入力できる簡易エディタとでも言いましょうか。ポイントは、このソフトで入力したデータをクリップボードにコピーできることです。そうすれば、他のソフト(メモ帳)などに貼り付けることができます。もちろん、日本語入力システムに比べて余分な手間は必要ですが、少なくとも入力できるようになるわけですから、すばらしいことだと思います。

僕は、これをCurve左のサイドボタンで起動するように設定しています。他のソフトを立ち上げて日本語を入力したくなったら、サイドボタンでKKJConvを立ち上げる。入力してデータをクリップボードにコピーしたら、メニューボタンでメニューを出してKKJConvを閉じます。すると、元のソフトに戻るので、そこで貼り付けです。

今の時点では、日本語メールを携帯で書く機会はほとんどないので、これで十分間に合っているわけです。ただ、いつまでもつかどうか...

| | コメント (23)

2008/10/11

BlackBerry Boldで日本語表示と入力 (Japanese input and display on BlackBerry Bold)

20081010_1 最近書いていますように、BlackBerry Boldに目をつけているのですが、なかなか背中を押してもらう勇気がありません。やっぱり高いから。Rogersに尋ねてみたら、契約なしで新規購入した場合、650ドルするそうです。税込みで750ドルですから、ちょっと考えてしまいます。

さて、ココのページで知ったのですが、この機種はOSをEast Asia版の新しいバージョンにアップグレードすることで、日本語の表示と入力ができるようになるそうです。なので、同僚のG先生にお願いして、彼女の英語版BlackBerryにEast Asia版のOSをインストールしてもらいました。

最初に、CSL版のファームウェア番号末尾が4.6.0.147というのが最新ということで、これを入れてもらったのですが、日本語はきれいに表示されますし、メニューも日本語化されます。しかし、なぜか日本語入力をインストールしても有効になりません。というのは、入力方法の選択肢に英語しか出てこないのです。ためしに中国語も追加して比較してみたのですが、中国語は入力方法のリストに出てきますし、選ぶと入力ができるようになりました。しかし、日本語はダメ。ちょっとがっかりしてしまいました(ところが動くことが分かりました。追記参照)。

20081010_2 しかし、上記のページの方は、Telstraの4.6.0.144を試された模様。これをG先生にお願いしてインストールしたところ、日本語入力を選択できるようになり、日本語入力が問題なく動きました! インライン入力で、推測変換もしてくれるし、感激です。これで日本語が問題なくBlackBerry Boldで使えるわけですから。

また、英語表示の方がカッコイイと思うなら、メニューなどは英語のままで、入力システムは日本語という使い方もできます。その場合、もちろん日本語メールなどはきちんと読めますよ。

さて、困ったことになりました。Boldを買う新たな理由ができちゃいましたね... なんせ、3Gですからカナダでも日本でも動くし、日本語が問題なく使える。アンロックが簡単なので、日本に帰ってもNTTドコモと契約したらそのまま使えそうです。好きなプログラムもインストールできますし。

う~む、困った... NTTからの発売を待ってもいいんだけど、何か月も先のことだし、NTTとの契約が必要だろうし、SIMロックの問題が解決しない限り、カナダでは使えません(国際ローミング以外では)。でも、結構なお値段だからなぁ... と悩んでしまうのでした。

追記: あとで、G先生からメールが来たのですが、もう1回、CSL版の最新版をインストールしてみたら、今度は日本語入力システムがちゃんと動いたそうです。なぜかは分かりませんが、結果オーライでよいでしょう。

| | コメント (77)

2008/10/09

BlackBerryでPDFファイルを読む (Reading PDF files on BlackBerry)

BlackBerryを使っていて不満だったのが、PDFビューアがきちんとしていなかったこと。いくつか実際にはあるのですが、どれもPDFファイルのレンダリングをBlackBerry自身で行わず、サーバーを使って行うものばかりで、その都度ネットワーク代がかかってしまうのです。つまり、電話なりWiFiなどの環境がなければ、PDFファイルのレンダリングができなかったわけです。

ところが、今、BeamBerryでβテストが行われているBeamReaderは、BlackBerryでレンダリングを行うことのできる初めてのアプリです。これで、ようやくPalmなどと同じ環境になります。

20081008早速ダウンロード、インストールして使ってみましたが、右のように、きれいに表示されます(クリックすると実際のピクセル数で表示されます)。レイアウトもきちんと保たれています。

ファイルは、内臓メモリ、外部メモリ(microSDカード)のいずれからも開けますし、メールに添付されたPDFファイルも直接開けます。

そして驚いたことに、日本語のPDFファイルもきちんと表示されます! 明朝体、ゴシック体のプロポーショナル、固定幅を含んだPDFファイルを作って試してみましたが、きっちり再現されます。

まだまだβ段階ですが、十分実用になると感じました。ただ、僕のCurveでは、画面解像度の問題で、ズームしないと厳しいのですが。Boldなら解像度が1.5倍になりますから、少しマシかも。

| | コメント (0)

2008/09/11

ボールド! (Bold!)

20080910_1 今朝、出勤の準備をしていたら、僕のBlackBerry(携帯)にG先生からのメッセージが。

BlackBerry Boldをゲットしたとのこと! これは、先月後半にカナダで発売された、RIMの最新携帯です。

これ、先日にも書いたんですが、3G (HSDPA)対応で、日本でも動作するらしいんです。G先生は、Rogersから買ったんですが、今日早速SIMアンロックしたとので、どこのキャリアでも使えるようになったわけです。

画面は、iPhoneと比べると半分程度の大きさですが、ピクセル数は同じなので、かなりきめの細かい画面です。内蔵メモリは1Gバイトで、iPhoneと比べ るとずいぶん少ないですが、基本的にmicroSDカードで増設することが前提ですから、個人的には全く気になりません。

キーボードのストロークが、僕のCurveよりも浅いのが、ちょっと気になりますが、慣れると大丈夫かも。

問題は、日本語がまだサポートされていないこと。でも、年内にNTTドコモが日本での発売を計画しているといううわさですから、そうなれば日本語のサポートは問題なくなるでしょうね。そうなると、物欲が沸いてくるかも知れません。

いや、来年には出るという、BlackBerry Thunder/Stormを待つほうが賢明なのかも? これはiPhoneと同じように全てタッチスクリーンになるらしいが。しかし、仕事にはしっかりしたキーボードがある方が良いわけで、今の僕のBlackBerry Curveは、実に使いやすいのです。メールの返事なんか、ダダダダダッと打っているし。

20080910_2 もう1つ気になるのが、PalmのTreo Pro。これも、3G (HSDPA)対応で、日本でも動作するかもです。ただ、好みを言えば、これはWindows Mobileマシン。できれば、Palm OSマシンを出して欲しかった。そうなら、すぐ買いなのに。

これも、今のところは日本語サポートはなしです。でも、Palmには、日本語化という昔から伝わる技がありますからなぁ。それに、対応ソフトが多いですからね、やっぱり。

Palmについては、なんでも新開発のPalm OSが来年当たりに出るらしいです。なんでもコード名がNovaと言うとか。これが乗っかった3G携帯が出てくるなら、これも大きな候補になるかも。

Windows Mobileはちょっと食わず嫌いなところがあるわけですが、あんまり日本のWindows Mobileスマートフォンには興味がわかないのです。以前に、シンガポールから来ていたC先生が使っていたけど、動作がもたつく印象が拭えません。今時の新しいのは違うのかも知れませんが。

| | コメント (0)

2007/12/14

新しい電話ゲット (New cell phone)

20071213 昨日、同僚のG先生から、お古の携帯を安く譲ってもらいました。といっても、2か月程度しか使われていないものです。

機種は、Blackberry Curve (8300)。右のとおり、フルキーボードつきのモデルです。トラックボールもついてます!

Blackberryは、カナダのRIM社が作っているモデルで、北米では非常に人気があります。

続きを読む "新しい電話ゲット (New cell phone)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

バグ修正 (Eliminating bugs)

DripCalc Ver. 0.3.0でヘパリン製剤などを追加すると,致命的エラーが起こります。この修正を行なったVer. 0.3.1を公開しました。脂肪製剤のデータも少し追加しておきました。

This is written in Japanese only.

年末は,急に本業が大忙しになりました。僕は正月3日に休みがとれたので,元日の朝までしのげば自由の身です。

年賀状が全然書けていません。このままだと,正月に書くことになるなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

DripCalc Ver. 0.3.0 公開

駆け足で,DripCalc Ver. 0.3.0 を公開します。

ようやく,非蛋白カロリーや窒素量の計算ができるようになりました。製剤データもちょこっと追加しています(まだまだ十分とは到底言えません)。また,gとmolとEqの単位変換の問題も少しすっきりさせました。

私は,正直,完全静脈栄養の知識は乏しいですので,「こういう機能が欲しい」という要望がありましたら教えていただけましたら幸いです。

製剤データの入力は,Excelのワークシートで行なっています。ちょっとした細工をして,Palm上で動くデータベース作成プログラムのソースリストに直接組み込めるようにしているのです。これでだいぶ手間が減りましたが,それでもなかなかの手間なので,協力者がいるとありがたいです。ただ,もうちょっとフォーマットが安定してからの方が良いかも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧