2017/05/20

台湾(続き)

台湾での講演は無事終了。スライドが少し多いかなと思いましたが、図が多かったこともあり、30分(質疑応答含む)のところ、25分強で終了。質疑を入れるとちょうど治まりました。よかったよかった。

午後は、ランチをごちそうになり、お茶の専門店へ。試飲を楽しみ、欲しかったお茶を買うことができました。台湾の烏龍茶は、とても香りが素晴らしくておいしいです。日本のペットボトルや居酒屋のものとは全然違う。ちょっとディープで、少しハマりそうな予感。

色々と贈り物をいただき、キャリーバッグになんとか治まりました。もう1つ多かったら、アウトでした。

台湾の先生方の「おもてなし」に感謝感激です。

今回のもう1つの収穫は、片言でも中国語を使えたことです。もっともっと上達したいなと思います。中国語をマスターしたら、世界の4人に1人とは会話ができるわけですから。

| | コメント (0)

2017/05/19

台湾

更新をしばらくサボっていました。椀子そばのように仕事が降ってくるもので。

昨日から、台湾に来ています。Taiwaneese International Congress of Neurology(TICN)という学会で、難治てんかんへの対応法に関する講演です。

今年は学会発表・講演が立て続けにあり、今月は先週に福岡のアジア・大洋州小児神経学会議(AOCCN)があり、今回のTICN、来週も国内で講演、6月は大阪で日本小児神経学会学術集会、その後は北京で講演です。

2-3か月先の予定は分かっているんだけど、そのうえで、数日~2週間ほどで済ませなければならない仕事が次々降ってくる。だから、だいぶ先の仕事と分かっていても、時間があるときにやっておかないと後できつくなるのですが、これがなかなかできないので難しい。

今、一番のプレッシャーは、8月末締め切りの仕事です。1年以上前から引き受けていて、かなり時間がかかる仕事なのですが、これがまだ6割くらいしかできていない。6月の学会が終わったら、他の仕事を放り出しても優先しないといけないのだろうなと思っています。

それはさておき、台湾です。今回が4回目。中国語は、相変わらず挨拶くらいしかできないけれど、雰囲気には慣れてきました。食事がうまいのでうれしいです。ホテルにたどり着くまでに、色々とトラブルがありましたが(学会が手配したお迎えが来ていない、事務局の指示でタクシーに載ったら間違ったホテルに連れて行かれた)、これも旅行ならではです。前回はバスで自力でホテルに行きましたら、その方が間違いがなかったのかも...

何はともあれ、観光と講演(明朝に30分)をがんばることにします!

| | コメント (0)

2017/01/15

牡蠣と牛肉の炒めもの

きょうの料理で放送されていた、牡蠣と牛肉の炒めものを作りました。

20170115_2

牡蠣はちょっとサービスして、多めに。

ん~、この組み合わせ、最高です。

調味料は醤油、みりん、塩、胡椒だけなのに、牡蠣と牛肉のおいしいエキスが出まくってます。

岡山には、日生という牡蠣の名産地がありますからね。冬は牡蠣料理がオススメです!

| | コメント (0)

2017/01/02

謹賀新年

1日遅れですが、明けましておめでとうございます。

お正月から仕事でして、本日は朝9時直前にうるう秒が入って1秒長かったことなど、全く気づきませんでした。

地球の時点が徐々に遅くなってきているからなのだそうで、原子時計とずれてくるのだそうです。

とっても細かい... が、時間はとても大切です。

今年は、めちゃくちゃ忙しくなりそうな予定です。診療、管理、教育、研究、全てボリュームアップが起こる予定です。とりあえず、溺れないように乗り切らなければ。

そのためには、余計なものはそぎ落として、効率化が必要です。これを今後考えていかないといけません。このままだと、パンクするのは目に見えていますので。

今年は、ぜひ飛躍の年にしたいなと思います。

| | コメント (0)

2016/09/27

夏休み

夏休みをとって、北海道に行ってきました。

小児科系は、夏休みシーズンに休みをとると仕事に差しさわりがでるので、9月以降に夏休みをとることに僕はしています。

20160927_1

岡山空港から新千歳空港にAIR DOで行きましたが、キャラクターの熊さんがカワイイ。AIR DO、気に入ってしまった。

初日は函館宿泊にしていたのですが、函館って遠いんですね! レンタカーで5時間近くの長距離ドライブでした。

五稜郭の近くに泊まったので、まずはそちらを見学。近くのタワーに上ると、全体を眺めることができます。

20160927_2

ちょっとあいにくの天気で、函館山に夜景を見に行こうとしたのですが、山頂からは霧で夜景が見えないとのことで、あきらめました。

翌日は、小樽に移動したのですが、途中で洞爺湖へ。これも結構な距離。近くのLake Hill Farmに立ち寄り、ソーセージや乳製品をいただきました。

20160927_3

ニセコに通り抜けようとしたけれど、橋が渡れないという看板があり、断念。別のルートもあるようでしたが、時間がないので、小樽へ。

小樽への異動は、山道でカーブが多く、天気があまりよくなかったたので、わりと気を遣いました。

20160927_4

小樽では、夕暮れ時の運河クルーズに参加しました。雰囲気があってとてもよかったです。おいしい海産物をいただきました。ホテルの朝食も海鮮丼があり、大満足。

翌日は、札幌を通り抜けて、支笏湖へ。水の透明度が高いことで有名です。水中遊覧船で水底の魚と景色を楽しみました。

20160927_5

その後、札幌に戻ります。運のいいことに、オータムフェストの真っただ中でした! 美味しいものを売っているお店が大通公園にたくさんあり、人出もものすごく多い。岡山ではなかなか食べられないものが色々あって、楽しみました。

というわけで、3泊4日の旅を楽しみました。また来たいです。

| | コメント (0)

2016/09/11

一流になるための本

負ける人は無駄な練習をする―卓球王 勝者のメンタリティー

僕は卓球好きで、自分でも練習しますし、試合にも出たりするのですが、今回のリオ五輪での男子卓球の半端ない盛り上がりには感動を覚えました。

特に、日本のエースである水谷選手をずっと応援してきたのですが、ロンドン五輪以降、色々あった後にどんどん強くなって、ここ1-2年は絶対エースの名にふさわしい選手になられたと感じています。プレースタイル変わっていますから、本当に。

五輪でも、個人戦準決勝の馬龍戦以外は負けなし! 団体決勝でも中国のXu Xinに対し、ゲームオール7-10からの5連続ポイントで逆転勝ち。正直、この試合は痺れました... 鳥肌ものでしたよ。

あのレベルの選手たちで、ああいう場面になると、技術云々じゃないんです、精神的に動揺すると、ミスがどんどん出てしまう。本当に心の強い方が勝つようにできています。

さて、右上の本は、今年始めの出版直後に勝って読んだのですが、チャンピオンとしての心構えや考え方が書いてあります。現役選手の言葉は重いです。かなり過激なことも書いてありますが、日本の卓球界を背負う者としてのプロ意識が半端じゃない。これだけのことをしてきたからこそ、今回の五輪の成果につながったのか、と納得させられます。

卓球をやっている人が読めば特に面白いでしょうが、卓球以外の分野でも一流を目指す人に必要なエッセンスが書いてあると僕は思います。ビジネスや研究の世界でもきっと役に立ちますよ。

| | コメント (0)

2016/08/15

夏練習

今日は、卓球部のOBを含めた有志での夏練習がありました。いつもお盆休みにあるため、平日の時は参加できません。今年は週末なので参加できました。

医学部の学生さんも2名参加。OBは、研修医1年目から自分の一回り上までと、年齢差35歳くらいの方達が集まって10数名で練習しました。練習試合もしましたが、負け試合が多い。みなさん、よく練習されてます...

20160814

3時間ほど練習した後は、楽しい飲み会です。

学生時代の思い出話、今行われているリオ五輪の話、学生さん達が数日後に控えている西医体の話などで、あっという間に3時間以上経ちました。

こういう部活、スポーツを通したつながりは、ずっと大切にしていきたいです。

| | コメント (0)

2016/05/04

高知旅行

20160504_1

今年のゴールデンウィーク(前半)は、2泊3日の高知旅行でした。

初日は、高知市を通過して、いの町へ。仁淀ブルーを堪能します。

日本で一番水がきれいなのが仁淀川なのだとか。空と山と砂浜に川の青の取り合わせが素敵でした。

地鶏の土佐ジローの卵を使った濃厚ソフトクリームをいただいた後は、いの町の紙の博物館などに寄って伝統的な、そしてモダンな和紙を楽しんできました。紙漉きの実演も見せてもらいました。

20160504_2

宿泊は高知市内だったので、有名なひろめ市場に行ってみましたが、午後6時前から既に満員。雰囲気だけ楽しみました。

翌日は、四万十町、黒潮町に行きました。高速道路が四万十町まで延びていたので、終点まで真っ直ぐです。

まずは、四万十中央ICの近くにある、道の駅あぐり窪川に立ち寄りました。豚串の炭火焼の香りが香ばしい。思わず1本。地元の生姜で作ったジンジャーエール(飲んじゃエール)も買いましたが、これが素晴らしくおいしかった!

20160504_3

この後は、黒潮町方面に向かい、お目当ての道の駅なぶら土佐佐賀へ。ひろめ市場で食べ損ねた明神丸の鰹のたたきをいただくためです。たれと塩のたたきいただきましたが、ほんのり温かく、大振り肉厚で臭みがない。確かに、スーパーのものとは全然違います。

食事を済ませて外に出て辺りを見渡すと、カラフルなこいのぼりが川沿いに待っています。ちょうど、鰹と鯉のぼりの川渡しのシーズンなのだとか。伊与木川が道の駅の隣を流れていて、そこに100本くらい立てられているのだそうです。

20160504_4

そして、対岸の方をみると、鰹のぼりが、気持ちよさそうに泳いでいます。気温がちょうどよくて、川の水がきれいで涼しげで、気持ちよく散歩をしました。

この後、海の方まで出ていきました。お目当ては、黒潮町の砂浜美術館です。途中で眺めのよいところが何か所かあったので、海の写真を撮ったりしながらいきました。道の駅ビオスおおがたにも立ち寄り、黒潮町の物産を色々と眺めました。この辺りは、南海トラフ地震で最大34mの津波が来ると想定されているそうで、非常食にもなる缶詰が売られていました(買いました)。

20160504_5

砂浜美術館ですが、Tシャツの展示がこの時期は行われているそうです。シンプルで美しい。温かい砂浜の柔らかさと海の水の冷たさを楽しみながら、風にはためくTシャツの群れを眺めました。

宿泊は、土佐佐賀温泉こぶしの里でした。淡い乳白色のお湯で弱アルカリ性なのかツルンとしたお湯でした。温度としては、そう高くはなかったです。ここのお食事はとてもおいしかったのですが、あまりものボリュームに圧倒されました。

高知旅行は初めてでしたが、なかなかよかったので、また行きたいと思ってます。

| | コメント (0)

2016/04/03

花見

20160403_2

今日は、職場の花見でした。場所は、定番の旭川河川敷です。

ほぼ満開でした。やっぱり暖かくなっているからですかね?

新人さんが何人もおられ、名前を覚えるのに一苦労です。

曇り空で、午後は降水確率が高かったですが、16時前くらいまでは雨が降らず、楽しみながら終えることができました。さすが、晴れの国岡山。

新年度、心を新たにしてがんばりたいです!

| | コメント (0)

2016/01/13

海外での臨床における英語

新年最初の記事です(今さら)。

英語が関連する仕事があったので、久しぶりに海外で臨床留学をするための英語学習について思ったことを書きます。

英語能力を鍛えるにおいて、かつて自分がカナダで働くために一番目標にしたことは、患者さんと話せることです。

患者さんと話せるって、海外で臨床をやるには当たり前と聞こえるでしょうが、これが難しい。医療スタッフと話すのなんて、これに比べれば100倍簡単です。

何故かというと、医療スタッフは背景知識がありますし、専門用語も分かります。専門用語って意味が狭いので誤解が少ないんです。おまけに、こちらの英語能力も知っている!

そういう意味では、患者さんとの会話は真剣勝負です。こちらの英語力がダメだと、最悪担当医を替わってくれと言われることもあるかも知れません。専門用語はかみ砕いて話さないといけないし、get、put、takeなど、単純だけど難しい動詞を上手に使えないと。

もちろん、ある程度の教養をお持ちの方で、ゆっくりめ、簡単な文章で話してくださる方もおられます。しかし、子どもが重篤な状態など、心に余裕のない方もおられます。将来の見込みについて聞かれたりすることもあります。それにも対応しないといけない。また、早口や強い訛りで話される方もおられます。トロントは、移民が過半数なので、東アジア系、中東系、東欧、その他、たくさんの訛りがあります。

では、何かコツがあるのかと言いますと、正直あまりないのですが。

患者さんと話すには、まず訴えをよく聞くことです。自分の英語が完璧でないのは向こうも承知だろうから、ちょっと分かりにくい部分はきっちり確認する。回数が多くなければ、自然にいけると思いますし、確認することで、「聞いてくれているんだな」と思ってもらえます。訛りは、正直慣れるしかありません...

あとは、薬の増減や、こういった検査をします等の定型的な説明が簡単な英語で言えるように練習です。このあたりは、USMLE step 2CSでも勉強したので、とても役に立ちました。

医療スタッフと話す場合に気をつけたのは、なるべく短い文章で話し大切な部分は復唱して確認することです。特に数字。

どちらにも共通して言えるのは、簡単で短い文章を多く使うこと大切なところでは確認をきっちり入れること、と思います。

あと、英文速読は鍛えておく必要があります。USMLEの問題文を全部読んでも時間が足りるくらいを目標にしてよいと思います。そうでないと、カルテ読みで溺れます...

| | コメント (7)

より以前の記事一覧