2017/10/10

夏休み

20171010_1今年の夏休み(秋休みか?)は、ハワイ旅行に行きました。

小さい頃から、懸賞やクイズ番組での1等賞でもとらないと行けない所、という思い込み(?)がありましたが、今回生まれて初めて行くことができました。

20171010_2

自分は泳ぐのは嫌いなので、ビーチは眺めて回ることにし、ハワイならではの景色を楽しむことにしました。初心者なのでオアフ島のみの訪問です。

朝9時台にホノルル空港に到着。ホテルに向かい、とりあえず荷物を預けて街を散策。

20171010_3

海の色が全然違う! 時差ボケがあるのですが、テンションがいきなりMAXです! ワイキキビーチは人がたくさんでとても賑わっています。

ハワイは日系人が25%とのことで、日本人観光客が多いこともあり、日本語の案内がたくさんありました。日本人にとって一番海外旅行に行きやすい所だと思います。

20171010_4

オプショナルツアーのオアフ島絶景コースツアーに参加し、美しい自然を眺めて回ります。有名なハナウマ湾や、この木何の木があるモアナルアガーデンなどに行きました。

その他、カイルアの街に行って街中とビーチを散策したり、ダイヤモンドヘッドに登ったりと、久しぶりに暑い中を時間かけて歩き回りました。涼しい恰好がよいので、アロハシャツもゲットしましたよ。

しばらく、ややハワイかぶれしてしまうかも... また行きたいです!

| | コメント (0)

2017/10/02

タイムマネージメント

最近よく感じるのが、タイムマネージメントができていないことです。

人に任せられる仕事はお願いすることにしていますが、そうできないことも多い。

どうしても受けないといけない仕事以外は、断ってしまうのも手かなとは思います。そうでないと身が持たない。

自分のやりたい仕事を横に置いてしまうのも嫌ですしね。

偉い先生方では、とてもタイトな時間で動いておられる方もいますが、時間に支配されるような人生は送りたくないです。

そろそろ、本格的に(遅い)夏休みをとりますので、まずは残務処理です。

| | コメント (0)

2017/07/17

ALPS研究会

7/15(土)は、ALPS研究会という会に参加してきました。

アルプスって山関係? と思われるかも知れませんが、アルカリホスファターゼ(alkaline phosphatase、ALP)という酵素に関する研究会です。

今回のメイントピックは、低ホスファターゼ症先天的に組織非特異性ALPが欠損する先天性代謝異常症です。

ALPは、自分が研究をしているビタミンB6の末梢血から中枢への輸送に密接に関わっています。その関連で、ビタミンB6依存性てんかんについての講演に参りました。

低ホスファターゼ症は骨がきちんと石灰化しない病気という認識が自分になったのですが、これがビタミンB6との関連でてんかんを起こし得るということで、骨代謝と神経の世界の出会いという何とも不思議な感じです。まぁ、体はどこかで全てつながっているということですね。

今回のALPS研究会、基礎から臨床まで色々な話が聞けてよかったです。低ホスファターゼ症の治療の話、歯の異常についての話、iPS細胞の話、ALP活性を阻害する薬の話、腸管ALP(組織非特異性ALPとは異なるアイソザイム)の機能についての話等、医師の他、薬学や栄養学の先生方も参加されており、研究の横方向への裾野の拡がりを感じました。

異なる分野の研究者の発表を聴講できるのは素晴らしい。自分が今後何をするべきかを考える材料になりましたので、こういった機会を活用していきたいです。

| | コメント (0)

2017/05/20

台湾(続き)

台湾での講演は無事終了。スライドが少し多いかなと思いましたが、図が多かったこともあり、30分(質疑応答含む)のところ、25分強で終了。質疑を入れるとちょうど治まりました。よかったよかった。

午後は、ランチをごちそうになり、お茶の専門店へ。試飲を楽しみ、欲しかったお茶を買うことができました。台湾の烏龍茶は、とても香りが素晴らしくておいしいです。日本のペットボトルや居酒屋のものとは全然違う。ちょっとディープで、少しハマりそうな予感。

色々と贈り物をいただき、キャリーバッグになんとか治まりました。もう1つ多かったら、アウトでした。

台湾の先生方の「おもてなし」に感謝感激です。

今回のもう1つの収穫は、片言でも中国語を使えたことです。もっともっと上達したいなと思います。中国語をマスターしたら、世界の4人に1人とは会話ができるわけですから。

| | コメント (0)

2017/05/19

台湾

更新をしばらくサボっていました。椀子そばのように仕事が降ってくるもので。

昨日から、台湾に来ています。Taiwaneese International Congress of Neurology(TICN)という学会で、難治てんかんへの対応法に関する講演です。

今年は学会発表・講演が立て続けにあり、今月は先週に福岡のアジア・大洋州小児神経学会議(AOCCN)があり、今回のTICN、来週も国内で講演、6月は大阪で日本小児神経学会学術集会、その後は北京で講演です。

2-3か月先の予定は分かっているんだけど、そのうえで、数日~2週間ほどで済ませなければならない仕事が次々降ってくる。だから、だいぶ先の仕事と分かっていても、時間があるときにやっておかないと後できつくなるのですが、これがなかなかできないので難しい。

今、一番のプレッシャーは、8月末締め切りの仕事です。1年以上前から引き受けていて、かなり時間がかかる仕事なのですが、これがまだ6割くらいしかできていない。6月の学会が終わったら、他の仕事を放り出しても優先しないといけないのだろうなと思っています。

それはさておき、台湾です。今回が4回目。中国語は、相変わらず挨拶くらいしかできないけれど、雰囲気には慣れてきました。食事がうまいのでうれしいです。ホテルにたどり着くまでに、色々とトラブルがありましたが(学会が手配したお迎えが来ていない、事務局の指示でタクシーに載ったら間違ったホテルに連れて行かれた)、これも旅行ならではです。前回はバスで自力でホテルに行きましたら、その方が間違いがなかったのかも...

何はともあれ、観光と講演(明朝に30分)をがんばることにします!

| | コメント (0)

2017/01/15

牡蠣と牛肉の炒めもの

きょうの料理で放送されていた、牡蠣と牛肉の炒めものを作りました。

20170115_2

牡蠣はちょっとサービスして、多めに。

ん~、この組み合わせ、最高です。

調味料は醤油、みりん、塩、胡椒だけなのに、牡蠣と牛肉のおいしいエキスが出まくってます。

岡山には、日生という牡蠣の名産地がありますからね。冬は牡蠣料理がオススメです!

| | コメント (0)

2017/01/02

謹賀新年

1日遅れですが、明けましておめでとうございます。

お正月から仕事でして、本日は朝9時直前にうるう秒が入って1秒長かったことなど、全く気づきませんでした。

地球の時点が徐々に遅くなってきているからなのだそうで、原子時計とずれてくるのだそうです。

とっても細かい... が、時間はとても大切です。

今年は、めちゃくちゃ忙しくなりそうな予定です。診療、管理、教育、研究、全てボリュームアップが起こる予定です。とりあえず、溺れないように乗り切らなければ。

そのためには、余計なものはそぎ落として、効率化が必要です。これを今後考えていかないといけません。このままだと、パンクするのは目に見えていますので。

今年は、ぜひ飛躍の年にしたいなと思います。

| | コメント (0)

2016/09/27

夏休み

夏休みをとって、北海道に行ってきました。

小児科系は、夏休みシーズンに休みをとると仕事に差しさわりがでるので、9月以降に夏休みをとることに僕はしています。

20160927_1

岡山空港から新千歳空港にAIR DOで行きましたが、キャラクターの熊さんがカワイイ。AIR DO、気に入ってしまった。

初日は函館宿泊にしていたのですが、函館って遠いんですね! レンタカーで5時間近くの長距離ドライブでした。

五稜郭の近くに泊まったので、まずはそちらを見学。近くのタワーに上ると、全体を眺めることができます。

20160927_2

ちょっとあいにくの天気で、函館山に夜景を見に行こうとしたのですが、山頂からは霧で夜景が見えないとのことで、あきらめました。

翌日は、小樽に移動したのですが、途中で洞爺湖へ。これも結構な距離。近くのLake Hill Farmに立ち寄り、ソーセージや乳製品をいただきました。

20160927_3

ニセコに通り抜けようとしたけれど、橋が渡れないという看板があり、断念。別のルートもあるようでしたが、時間がないので、小樽へ。

小樽への異動は、山道でカーブが多く、天気があまりよくなかったたので、わりと気を遣いました。

20160927_4

小樽では、夕暮れ時の運河クルーズに参加しました。雰囲気があってとてもよかったです。おいしい海産物をいただきました。ホテルの朝食も海鮮丼があり、大満足。

翌日は、札幌を通り抜けて、支笏湖へ。水の透明度が高いことで有名です。水中遊覧船で水底の魚と景色を楽しみました。

20160927_5

その後、札幌に戻ります。運のいいことに、オータムフェストの真っただ中でした! 美味しいものを売っているお店が大通公園にたくさんあり、人出もものすごく多い。岡山ではなかなか食べられないものが色々あって、楽しみました。

というわけで、3泊4日の旅を楽しみました。また来たいです。

| | コメント (0)

2016/09/11

一流になるための本

負ける人は無駄な練習をする―卓球王 勝者のメンタリティー

僕は卓球好きで、自分でも練習しますし、試合にも出たりするのですが、今回のリオ五輪での男子卓球の半端ない盛り上がりには感動を覚えました。

特に、日本のエースである水谷選手をずっと応援してきたのですが、ロンドン五輪以降、色々あった後にどんどん強くなって、ここ1-2年は絶対エースの名にふさわしい選手になられたと感じています。プレースタイル変わっていますから、本当に。

五輪でも、個人戦準決勝の馬龍戦以外は負けなし! 団体決勝でも中国のXu Xinに対し、ゲームオール7-10からの5連続ポイントで逆転勝ち。正直、この試合は痺れました... 鳥肌ものでしたよ。

あのレベルの選手たちで、ああいう場面になると、技術云々じゃないんです、精神的に動揺すると、ミスがどんどん出てしまう。本当に心の強い方が勝つようにできています。

さて、右上の本は、今年始めの出版直後に勝って読んだのですが、チャンピオンとしての心構えや考え方が書いてあります。現役選手の言葉は重いです。かなり過激なことも書いてありますが、日本の卓球界を背負う者としてのプロ意識が半端じゃない。これだけのことをしてきたからこそ、今回の五輪の成果につながったのか、と納得させられます。

卓球をやっている人が読めば特に面白いでしょうが、卓球以外の分野でも一流を目指す人に必要なエッセンスが書いてあると僕は思います。ビジネスや研究の世界でもきっと役に立ちますよ。

| | コメント (0)

2016/08/15

夏練習

今日は、卓球部のOBを含めた有志での夏練習がありました。いつもお盆休みにあるため、平日の時は参加できません。今年は週末なので参加できました。

医学部の学生さんも2名参加。OBは、研修医1年目から自分の一回り上までと、年齢差35歳くらいの方達が集まって10数名で練習しました。練習試合もしましたが、負け試合が多い。みなさん、よく練習されてます...

20160814

3時間ほど練習した後は、楽しい飲み会です。

学生時代の思い出話、今行われているリオ五輪の話、学生さん達が数日後に控えている西医体の話などで、あっという間に3時間以上経ちました。

こういう部活、スポーツを通したつながりは、ずっと大切にしていきたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧