« 教科書執筆 | トップページ | アデロキザール生産中止の影響 »

2017/08/29

ラコサミド

新規抗てんかん薬であるラコサミドの市販から、もうすぐ1年です。

電位依存性ナトリウムチャネルの遅い不活性化を促進するという、従来薬とは異なった作用メカニズムの薬です。

今は処方期間が2週間しばりなのですが、来月から長期処方が可能になります。

まだ出している患者さんは少ないのですが、よい印象の方はおられますので、今後経験を積んでいきたいです。

世界的には注射薬もあるお薬ですので、今後に期待です!

|

« 教科書執筆 | トップページ | アデロキザール生産中止の影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教科書執筆 | トップページ | アデロキザール生産中止の影響 »