« ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと | トップページ | 脳波クイズ A5 その3 »

2017/06/14

脳波クイズ A5 その2

前回、少し問題を変えたQ5の解答の続きです。学会直前なので、5番のみ答えを書きます。

A5.

5. この脳波では、右後頭部優位(P4、T6、O2)の棘波が見られます。PzやP3からも見えています。これ以外に、左前頭部優位(Fp1、F7、C3)にも棘波が見られます。2か所からの棘波なのでしょうか?

この方は、Panayiotopoulos症候群の方で、後頭部と前頭部の棘波はよく見られるパターンです。

しかし、脳波に赤い縦線が入っていますね。右後頭部(O2)と左前頭極(Fp1)の棘波には時間差がないように見えます。ここでの時間差とは、数十ミリ秒以下のレベルの話です。

F7はO2より少しピークが遅れています。しかし、Fp1は全く遅れがない。こんなに遠く離れているのに時間差が全くないのはどうしてなのでしょうか? Panayiotopoulos症候群では通常は後頭部の棘波が時間的に先行することが多いので、ここに違和感が感じられるのです。

20170614

これを踏まえたうえで、残りの6番と7番の答えは学会後に書こうと思います。

|

« ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと | トップページ | 脳波クイズ A5 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと | トップページ | 脳波クイズ A5 その3 »