« 脳波クイズ Q5 | トップページ | ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと »

2017/06/06

脳波クイズ A5 その1

前回のクイズの回答です。

前回の脳波の図ですが、チャネルの順番を一番よく用いられている順番に変更しておきました。波形自体は同じです。

今回は、1番から4番までの回答を書きます。

というのも、5番は見た目ほど簡単じゃないことが分かったからです。後で述べます。

1番から4番までは、レベル3くらいです。

A5.

1. 同側耳朶を基準とする左右交互の基準導出。

2. 覚醒時記録。

3. 垂直方向の眼球運動。

4. 前頭筋の筋電図活動。

解説

モンタージュについては、以前の問題と同じなため、省略します。

覚醒時記録である根拠は、両側後頭部(O1、O2)に約9Hzのα律動がみられるからです。

赤色の丸で示された下方向の振れは、前頭極(Fp1、Fp2)優位で、波形からは垂直方向の眼球運動です。おそらくは、ごく軽い瞬目によるものでしょう。

水色の四角の部分は、脳波がやや太くギザギザして見えます。これは、筋電図活動です。左に目立っていますが、右にも少し入っています。部位から考えると、前頭筋由来と考えられます。

さて、5番の異常波形ですが、下の図の赤い四角で囲んだ部分に出ています。これはてんかん発射で、棘徐波(spike-wave)です。

20170606_1

さて、この分布ですが、左側のてんかん発射に注目して、脳波を時間方向に引き延ばした図を下に示します。1画面3秒表示です。分布を分かりやすくするため、チャネルの順番を変更しています。

20170606_2

陰性(上向き)棘波が右頭頂後頭部と左前方(かなり広範囲)に出ていますね。

この方は、Panayiotopoulos症候群というてんかんの方で、後頭部と前頭部に棘徐波がみられるのは、よくある所見です。

ここまで示したうえで、再度問題です。レベル8~9くらい。

Q5. (改題)

5. この棘徐波の分布には違和感があります。どこがおかしいのでしょうか?

6. このような脳波になっていることを説明する仮説を考えてください。

7. 正確な分布を確認するための方法は?

|

« 脳波クイズ Q5 | トップページ | ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳波クイズ Q5 | トップページ | ビタミンB6依存性てんかんの診断で大切なこと »