« 多剤併用の罠 | トップページ | お勧めの本 »

2017/03/25

脳波のclinical correlation

年度末業務に追われております。

脳波レポートを書くにおいて、所見の本文を書いた後、最終評価を書きます。

カナダで教わったのは、その次にclinical correlationを書くことでした。Clinical correlationとは、直訳すれば、臨床所見との関連付けとでもいいましょうか。

え、なんでこれが必要?

と思うかも知れません。

実は、脳波の所見の解釈は状況によって異なりますし、素人には解釈ができない場合もあるからです。

例えば、右中心側頭部から、てんかん発射が出ている。波形は、ローランド発射の形態です。脳波の最終評価としては、異常脳波(右中心側頭部からのローランド発射)になります。

ですが、ある患者さんでこの所見が見られた場合、この方の診断は何になるのでしょうか?

これには臨床情報が必要です。

仮に、左顔面けいれんの病歴のある学童期の患者さんであれば、中心側頭部に棘波を示すてんかん(いわゆるローランドてんかん)が疑われます。この場合、clinical correlationは、病歴と総合すると、中心側頭部に棘波を示すてんかんが示唆されるとなります。

ですが、発作の病歴のない場合はどうなるのでしょうか? この場合、脳波異常のみで特定の診断にはなりません。Clinical correlationとしては、発作の病歴のない場合、この所見の臨床的意義は明らかではない等の書き方になるでしょう。

別の例として、発作の病歴があるのに正常脳波の場合、どうなるでしょうか?

カナダでは、以下のように教わりました。

正常脳波であっても、てんかんは臨床診断であるため、てんかんの診断は除外されない。病歴を含め総合的に判断を。

右前頭部に多型性(polymorphic)徐波がみられる場合、どうしましょうか?

患者さんが通常の意識状態で記録された脳波であれば、右前頭部に局在性の脳機能低下が示唆される。器質的病変の鑑別も必要なため画像検査の検討を、あたりでしょうか。細かく言えば、白質を含む障害があるも言えると思います。

しかし、てんかん発作の直後に記録された脳波であれば、上記に加え、右前頭部から始まったてんかん発作後の脳波変化をみている可能性もあります。

このように、同じ脳波でも、文脈によって解釈は異なります。

そのため、脳波レポートを書く際には、ここまで書くのが理想です。

自分達の診療科のみであれば、そこまで書かなくてもだいたい通じるのですが、カルテは他科の医師も読むことがあります。また、他科の医師から脳波判読を依頼される場合もあります。このような場合に、clinical correlationの記載がないと、脳波にてんかん発射があるから(発作がないにもかかわらず)てんかん、(発作があって臨床的にてんかんと考えられるのに)脳波異常がないからてんかんではない、といった誤解を招いてしまいます。

脳波は正常異常のみならず、その意味まで考える。これが大切です。

|

« 多剤併用の罠 | トップページ | お勧めの本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多剤併用の罠 | トップページ | お勧めの本 »