« 脳波クイズ Q1 | トップページ | 脳波クイズ Q2 »

2017/01/23

脳波クイズ A1

前回の脳波クイズの解凍です。

小児で時折みられる鋭い波形についての問題でした。

レベル的には、1(簡単)~10(難しい)のスケールで、3あたりです(僕の独断です)。

A1.

1. 睡眠時記録です。

2. 縦連結の双極導出。俗にダブルバナナ(double banana)と呼ばれるモンタージュです。

3. POSTsと呼ばれる波形で、正常亜型(normal variants)の1つです。

4. モンタージュを基準導出(referential montage)に変更すると、後頭部に下向きに現れることで確認できます。下の図の赤丸に注目してください。

20170123_1

解説

後頭部にα律動がみられず、画面中央部に頭蓋頂鋭波(vertex sharp transient、赤色の四角)、その右に睡眠紡錘波(sleep spindle、緑色の四角)がみとめられるので、非レム睡眠2段階(stage N2)の記録です。

20170123_2

モンタージュは、10-20電極法の電極配置図を参考にしてください。電極同士を線で結ぶと2つのバナナが見えますので、ダブルバナナと呼ばれます。

赤丸の波形は、POSTs(positive occipital sharp transients of sleep)と呼ばれる波形で、浅い睡眠でみられます。連発する場合もあります。Positiveとあるように、陽性波形ですので、基準導出では下向き(脳波では、陰性が上向き)になります。てんかん発射は通常は陰性ですので、上下の向きが異なるわけです。

小児のPOSTsは成人よりも鋭い波形を示すことがあり、頭頂部や後側頭部からのspikeと間違われやすいため、要注意です。正常亜型(normal variants)の1つですが、正常亜型とは、比較的少数の人にみられる病的意義が明らかではない波形のことです。

POSTsは慣れればすぐに分かりますが、自信がない場合には基準導出で確認した方がよいです。今時のデジタル脳波ではモンタージュ変更が簡単ですから、試してみてください。

Spikeと間違えるな、子どもの鋭いPOSTs。

|

« 脳波クイズ Q1 | トップページ | 脳波クイズ Q2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳波クイズ Q1 | トップページ | 脳波クイズ Q2 »