« 抗てんかん薬の止め時 | トップページ | アメリカてんかん学会 »

2016/12/04

抗てんかん薬の止め時(続き)

抗てんかん薬による治療を始めて発作が無事に止まったら、薬を止められるかどうか考える、ということは前回に書きました。

一般的には、2年間発作が止まったら、薬を止められるかどうか考えます。施設によっては、3年間という所もあります。1年の違いは長いですが、発作抑制期間が長いほど再発率が低い、という話もあったりするため、どちらがよいかは一概に言えません。

薬を止める前には脳波をとります。脳波でてんかん発射が残っている方が、残っていないよりも、再発率が高いと考えられています。てんかん原性(≒てんかん発射)が残っていれば、火種は残っているわけですから。

脳波でてんかん発射がない場合、1年ほどかけて薬をゆっくり減らして中止します。脳波でてんかん発射が残っている場合は、患者さんとよく相談することになります。

てんかん発射が残っていても、いわゆる良性波形(ローランド棘波等)であれば、発作原性はそんなに高くありません。もともと良性波形を示すてんかんでは、発作回数が少ないのです。このような場合は、てんかん発射が残っていても、薬を止めていきます。だいたいはうまくいきます。

良性波形でない場合は、薬をすぐには減らさない場合があります。しかし、小児患者の場合、ずっと薬を続けようと即決するわけではありません。数年見て異常の程度があまり変わらない場合には、試しに薬を減らしてみる場合はあります。発作が再発するようなら、薬を再度増やさざるを得ません。年齢が上がってくるにつれて薬を止めるのは難しくなっていき、成人になってしまうとかなり難しくなります。

一方、成人の場合、てんかん発射が消えていても、薬を減らすと発作が再発する場合があります。成人の脳波では、てんかんが治癒していなくても異常が出ない場合がわりとあり(感度が低い)、注意を要します。成人の場合、お仕事や運転免許のこともあり、積極的に薬を減らしていくのはなかなか難しいです。

|

« 抗てんかん薬の止め時 | トップページ | アメリカてんかん学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 抗てんかん薬の止め時 | トップページ | アメリカてんかん学会 »