« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/29

先天代謝異常学会

日本先天代謝異常学会総会に参加してきました。

この学会に入会したのは、2-3年前でしょうか。かなりの新参者です。

小児神経の世界に入り、てんかんと脳波をメインにやってきて、最近は代謝(の端っこ)。こんな流れです。

最近、脳波をやっていないなぁ。臨床神経生理学会が同時期開催だったのですが、こっちの学会を優先しました。

この学会、今回が第58回でした。なんと、日本小児神経学会と同い年で、てんかん学会よりも回数が多い。歴史がある学会なのだと、改めて感じました。

代謝疾患の治療といえば、酵素補充療法遺伝子治療の話がホットであります。酵素補充では脳内に酵素が届かないため、これをどう克服するかが課題のようで、脳室内注入の治験も行われています。

演題では、わりと基礎的な研究のものも目につきます。ターゲットとなる疾患の性質上、このような研究は必須ですから。なので、探求意欲、知的好奇心を非常にそそります。

自分は、最近は代謝といっても、てんかんをベースにそれに関係している代謝異常に興味があるわけで、この学会のように、体の中で起こっていることをサイエンスとして考えていかなければ、先には進めないなと感じています。

とても刺激になる学会でした。

| | コメント (3)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »