« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/25

麻疹

麻疹(はしか)の患者が兵庫県から出ました。インドネシアへの旅行から帰国後に発症した模様です。

NHK毎日新聞Yahoo!ニュース等に取り上げられています。

問題なのは、発症後も関東地方にお出かけされ、8/14に千葉市幕張メッセで催されたジャスティン・ビーバーのコンサートに参加していたという情報です。参加者は2万5千人。いったいどのくらいの人たちと接触したのやら。

移動は新幹線だったのでしょうか? とすれば、同じ車両に乗り合わせた方にも感染のリスクがあります。

既に同居の家族が発症しているという記事も読みました。きっと、みんなワクチン未接種だったのでしょうね...

麻疹は空気感染なので、同じ空間にいれば感染する可能性があります。おまけに感染力がとても強い。ワクチン未接種で近くにいたとすれば、かなりの確率で発症すると思われます。

麻疹は、ただの感染症とは違います。下手すれば命を落とす。

自分が研修医の時は麻疹が流行し、危なかった事例を経験しました。時間外・救急外来をするにあたり、見逃してはならない病気だと上司に教え込まれました。ですが、流行しなくなったため、最近は全く診ておらず、麻疹の可能性を考えること自体が正直稀になってきています。最近の若い医師は、麻疹を診たことがない方が大部分と思われます。

小児神経科領域では、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる、遅発性(数年以上経って発症)の疾患があり、1歳未満で麻疹に罹患した方での発症リスクが指摘されています。この病気は基本的に進行性で、元気だったお子さんが数か月で寝たきりになってしまいます。決定的な治療法はありません。

麻疹はワクチンで防ぐしかありません。たとえ罹患した方がおられても、周囲の人が皆ワクチンを接種していれば、ひろがらないのです(集団免疫)。ワクチン推奨です!

新たに麻疹を発症した方が、事前連絡なしに医療機関を受診すると問題になる可能性があります。待合で感染を広げるからです。麻疹の発症初期には皮膚に発疹がありませんので、「症状の強い風邪」と間違われてしまいます。

しばらくは、発熱患者では麻疹の可能性を頭に置いておく必要がありそうです。コンサートには全国から参加者がいたでしょうから。

| | コメント (0)

2016/08/16

HTMLとCSS

最近、諸般の事情で(主に費用面の問題で)、HTMLとCSSを勉強しています。

もう頭一杯、お腹いっぱいです!

基本的なタグは知っていましたが、ずっと昔の時代。HTML5、CSS3、新しくなっているのですね。Javascriptの書き方も基本はおさえたい。

でも、最近はネット上に情報が多いので、とてもありがたいです。疑問点は、検索すれば、あらかた解決できます。

2カラム形式、3カラム形式等の作り方(HTML5では簡単になったようです)とか。昔はフレームを使っていましたが、最近はフレームはほとんど見ません。

色々勉強しましたが、文法を覚えることは、プログラムを書くのとそう変わりません。CやC++を知っていれば、多少の応用でなんとかなりそう。

デザインは...センスの問題でしょう。どうにもならない。なので、他のwebを色々と眺めて簡単そうなものを真似てみることからです。

| | コメント (0)

2016/08/15

夏練習

今日は、卓球部のOBを含めた有志での夏練習がありました。いつもお盆休みにあるため、平日の時は参加できません。今年は週末なので参加できました。

医学部の学生さんも2名参加。OBは、研修医1年目から自分の一回り上までと、年齢差35歳くらいの方達が集まって10数名で練習しました。練習試合もしましたが、負け試合が多い。みなさん、よく練習されてます...

20160814

3時間ほど練習した後は、楽しい飲み会です。

学生時代の思い出話、今行われているリオ五輪の話、学生さん達が数日後に控えている西医体の話などで、あっという間に3時間以上経ちました。

こういう部活、スポーツを通したつながりは、ずっと大切にしていきたいです。

| | コメント (0)

2016/08/14

脳波セミナー

今月末に、主に小児科医を対象とした、職場主催の脳波ハンズオンセミナーを開く予定です。5回目になります。

参加申し込みを多数いただき、募集は既に締め切っております。

脳波は歴史のある検査ですが、とても有用な検査です。

こどもの神経疾患、特に発作性疾患はわりと多いです。病院で小児科医をやっていて、そこに小児神経専門の医師がいなければ、ある程度自分で読む必要が出てきます。なので、このセミナーの需要はあるのだろうと考えています。

脳波判読に上達する近道は、脳波に慣れた指導医と一緒に討論しながら読むことです。

脳波の基本は、教科書にすべて書いてあります。脳波の講義も行いますが、ハンズオンのセッションでは、自分が脳波を読むさまをリアルに体験していただきたいと考えてます。

いずれは、このブログでも、脳波判読の基本について書きたいと思います。

| | コメント (0)

2016/08/06

抗てんかん薬の長期的副作用

てんかんの治療は、長期的になることがほとんどです。

最低でも3-4年、長いと生涯にわたります。

僕たち専門医は、患者さんの遠い未来まで考えて、治療戦略を立てなければなりません。

抗てんかん薬は、ざっくばらんに言えば脳の興奮を抑える薬ですから、脳の機能に全く影響がないとは言えません。

第一世代と呼ばれる従来の薬には多くの研究報告があります。神経心理学的検査を色々行うと、薬を飲んでいないときに比べ、一部の項目で成績が落ちる場合があります。細かい検査で気付く程度のものもありますが。

第二世代と呼ばれる新しい薬は、まだまだデータの蓄積が必要ですが、従来薬と比べた研究では、第二世代の方が(一部の薬を除き)第一世代よりも成績低下が少ないとされています。

第一世代の薬で他に言われているのは、代謝への影響です。コレステロール等の脂質や血糖値に影響が出る可能性があります。骨密度に関連するという話もあります。

こういったことも考えて、処方内容を考えなければなりません。

しかし、第一世代の薬で発作が治まっている方の場合、発作再発のリスクを考えて第二世代に変更するというのも、ちょっと考えてしまうところではあります。

調子がよいので第一世代の薬を漸減中止した後に発作が再発した場合、患者さんの年齢によっては、元の薬を再開せずに第二世代の薬を始めることはよくあります。

自分の行っていることは患者さんが小児科領域を卒業した後にもずっと影響し得るということを強く自覚して、日々の診療を行わないといけないなとつくづく感じます。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »