« 師走の終わりに | トップページ | 低ホスファターゼ症でのピリドキサールリン酸 »

2016/01/13

海外での臨床における英語

新年最初の記事です(今さら)。

英語が関連する仕事があったので、久しぶりに海外で臨床留学をするための英語学習について思ったことを書きます。

英語能力を鍛えるにおいて、かつて自分がカナダで働くために一番目標にしたことは、患者さんと話せることです。

患者さんと話せるって、海外で臨床をやるには当たり前と聞こえるでしょうが、これが難しい。医療スタッフと話すのなんて、これに比べれば100倍簡単です。

何故かというと、医療スタッフは背景知識がありますし、専門用語も分かります。専門用語って意味が狭いので誤解が少ないんです。おまけに、こちらの英語能力も知っている!

そういう意味では、患者さんとの会話は真剣勝負です。こちらの英語力がダメだと、最悪担当医を替わってくれと言われることもあるかも知れません。専門用語はかみ砕いて話さないといけないし、get、put、takeなど、単純だけど難しい動詞を上手に使えないと。

もちろん、ある程度の教養をお持ちの方で、ゆっくりめ、簡単な文章で話してくださる方もおられます。しかし、子どもが重篤な状態など、心に余裕のない方もおられます。将来の見込みについて聞かれたりすることもあります。それにも対応しないといけない。また、早口や強い訛りで話される方もおられます。トロントは、移民が過半数なので、東アジア系、中東系、東欧、その他、たくさんの訛りがあります。

では、何かコツがあるのかと言いますと、正直あまりないのですが。

患者さんと話すには、まず訴えをよく聞くことです。自分の英語が完璧でないのは向こうも承知だろうから、ちょっと分かりにくい部分はきっちり確認する。回数が多くなければ、自然にいけると思いますし、確認することで、「聞いてくれているんだな」と思ってもらえます。訛りは、正直慣れるしかありません...

あとは、薬の増減や、こういった検査をします等の定型的な説明が簡単な英語で言えるように練習です。このあたりは、USMLE step 2CSでも勉強したので、とても役に立ちました。

医療スタッフと話す場合に気をつけたのは、なるべく短い文章で話し大切な部分は復唱して確認することです。特に数字。

どちらにも共通して言えるのは、簡単で短い文章を多く使うこと大切なところでは確認をきっちり入れること、と思います。

あと、英文速読は鍛えておく必要があります。USMLEの問題文を全部読んでも時間が足りるくらいを目標にしてよいと思います。そうでないと、カルテ読みで溺れます...

|

« 師走の終わりに | トップページ | 低ホスファターゼ症でのピリドキサールリン酸 »

コメント

やっぱり普通の日常会話もかなり高いレベルで出来ないと厳しいんですね。
参考になりました。

投稿: 広大6年生 | 2016/01/17 12:42

広大6年生さんへ

高いレベルといっても、もちろんネイティブスピーカーレベルを目指す必要はないです。目指す・近づくという目標を立てるのはよいことですが。

大切なのは、相手の言っていることをきっちり聞き取り、必要なことを的確に伝える能力だと思います。患者さんが僕たち医師に求めているのは、専門家としての助言・説明ですから。

なので、話す文章は短く簡単でよいのです。その代わり、聞き取りなどのインプット能力は重点的に鍛える必要があります。

簡単な文章でもよいという事例として、トロント小児病院の脳波技師さんが言っていたのですが、年1回のレジデント・フェローの研究発表会で「留学生の方が、説明が単純明快で分かりやすい」と評判がよかったということがありました。

投稿: あきちゃん | 2016/01/17 14:53

なるほど、そうなんですね!
先生の仰られることを参考にして努力してみます。

いつも色々な情報を提供してくださって、ありがとうございます。usmleの記事もよく参考にしています。

日頃の診療や研究でお忙しいかと存じておりますが、これからもブログを続けてください。
よろしくお願いします。

投稿: 広大6年生 | 2016/01/17 19:38

初めまして。島乃と言います。
生後2ヶ月と1週間になり、先日病院の医師からビタミンB6依存性てんかんかもしれないと言われ、今アデロキザールを服用してます。
抗けいれん薬では、ケイレンが押さえきれないみたいで。
アデロキザールを服用開始して1週間ですが、昨日ケイレン発作がおきました。
娘に何がおきてるのか不安でしかたありません。
突然のコメント失礼します。
双子のうち一人はケイレンなどもなくスクスク成長しています。

投稿: しまの | 2016/01/24 13:47

島乃さん、こんにちは。

たいへんな状況ですね。ご心痛お察しいたします。

主治医の先生がきっと対策を考えておられることと思います。

アデロキザール増量、その他発作に効くお薬を探す、という治療を進めつつ、きっちり診断するための検査を進めていく、ということになるのではないかと思います。

治療がうまくいきますことを心から願います。

投稿: あきちゃん | 2016/01/24 16:39

お返事ありがとうございます。
アデロキザールを昨日から更に増量し、明日脳波の検査をします。
昨日も朝方とお昼あとに発作がありいたたまれない気持ちです。
何か良い情報がありましたら教えてください。
主治医の先生もお手上げ状態でして。

投稿: 島乃 | 2016/01/25 20:13

島乃さん

お子さまの状況、たいへん心配ですね。

残念ながら、発作の治療は、合うお薬を1つずつ探すしかありません。特定の原因が見つかれば、それに合わせた治療を考えるということはできます。

申し訳ありませんが、自分が診察していない患者さんに具体的な医学的助言は直接できません。ここはブログで公の場ということもありますし、診療の場の外において不十分な情報でいい加減な助言はできないという意味もあります。

主治医の先生は、専門の先生に問い合わせ等されていると思います。その辺りをまずはお尋ねになってみてはいかがでしょうか?

投稿: あきちゃん | 2016/01/26 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師走の終わりに | トップページ | 低ホスファターゼ症でのピリドキサールリン酸 »