« 酵素活性測定 | トップページ | ピペコリン酸とα-AASA »

2015/08/29

小児デジタル脳波ハンズオンセミナー

20150829

毎年、脳波の初心者を対象として、デジタル脳波ハンズオンセミナーを行っています。今年で4回目です。

今年も、多くの方にご参加いただきました。まだ、明日もありますが。

右の写真を見たらお分かりかと思いますが、参加者1人1人にコンピュータが割り当てられ、脳波の教材を20-30分間読んでもらって所見を自力で付けていただきます。この間、質問は自由に受付け、我々スタッフが助言をしています。

その後、同じ脳波をモニターに映して、講師が脳波所見の見方について15-20分ほどかけて説明していきます。

デジタル脳波(ペーパーレス)には紙の脳波とは異なった読み方のノウハウがありますので、これについても説明しています。例えば、デジタル脳波の場合、画面の表示条件を色々調整できます。振幅(感度)、フィルタ、タイムスケール等です。自分の見たい所見を強調するように、色々設定を変えながら読むのが大切です。これは、紙脳波では決して学べません。

今日は、8人分の脳波を勉強しました。正常から異常まで色々です。たぶん、みんなお腹いっぱいになったのではと思います。

明日は、応用編で、発作時脳波の所見を付けていただくことになっています。

この脳波セミナーで学べるのは、脳波のレベルを1(初心者)から10(熟練者)としますと、1~3くらいだと思います。発作時脳波(わりと簡単なもの)で、レベル4くらいまででしょうか。ちなみに、私の働く施設で半年も研修すれば、レベル4くらいには軽く到達できます。

このセミナーを通して、少しでも多くの方々が脳波の勉強をしたいなと思ってくださればと思います。

|

« 酵素活性測定 | トップページ | ピペコリン酸とα-AASA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酵素活性測定 | トップページ | ピペコリン酸とα-AASA »