« 発作時脳波 - 序論 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作2 »

2015/06/10

発作時脳波 - 焦点発作1

焦点発作の発作時脳波というタイトルですが、これはかなり難しいトピックです。

全般発作の発作時脳波は、教科書にわりとたくさん書いてあります。ある程度の決まったパターンがあるからです。例えば、医学生さんでも、定型欠神発作の発作時脳波は教科書で勉強します。

ですが、焦点発作の発作時脳波については、本にあまり書いていないように思います。

なので、自分の経験や教わったことに基づいて書きます。

焦点発作の発作時脳波の特徴をまとめると、

1. 発作間欠時てんかん性発射が消えること

2. 律動的もしくはほぼ律動的な波形が現れること

3. その波形が、振幅、周波数、空間的拡がりにおいて、時間とともに変化すること

あたりかなと思います。

これだけだと、よく分からないですね。次回以降、1つずつ説明します。

|

« 発作時脳波 - 序論 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発作時脳波 - 序論 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作2 »