« WHOでのてんかんに関する決議 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作4 »

2015/06/14

発作時脳波 - 焦点発作3

焦点発作の発作時脳波の特徴の続きですが、律動的もしくはほぼ律動的な波形が現れることが多いです。

20150614_2

波形としては色々ありますが、一番上のサイン波のようだったり、真ん中のアーチ状の波形だったり、下のようにspike-wavesが反復したり。もうちょっと複雑な形のものもあったりします。

周波数(波の横幅の広さ)はさまざまで、β帯域以上の速波活動であったり、新生児発作のようにδ帯域の徐波活動であったり。

おいおい、こんな波形は発作でなくても見るよ、と思ったあなた。なかなかいい点ついてます。

確かにその通りです。

発作活動というには、律動波形だけでは不十分です。この辺りは次回に。

|

« WHOでのてんかんに関する決議 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WHOでのてんかんに関する決議 | トップページ | 発作時脳波 - 焦点発作4 »