« 新年度 | トップページ | デジタル脳波の基本1 - デジタル信号とアナログ信号 »

2014/04/06

デジタル脳波の基本0

医局の若い先生方と話をしていますと、デジタル脳波の基本を系統的に勉強する機会がないんだなぁと痛感します。

コンピュータを使って脳波分析をするのに、デジタル信号の基本的な理屈は必須です。

私がデジタル信号の基本を最初に勉強したのは大学院3-4年生のときです。医学部なので、学生時代には習いませんから。勉強した理由は、自分の学位研究のために脳波のパワースペクトルを計算する必要があったためです。市販のソフトがあったのですが、使いにくかったのと、自分のしたい分析方法ができなかったからでした。

もう1つの理由は、自分の研究の指導医が脳波分析が得意であったことです。この先生は、独自の分析方法を自分で考案し、それをコンピュータプログラムにして脳波分析を行い、論文を書いておられました。

後にトロントに留学した際、再度勉強する機会がありました。カナダの脳波専門医試験合格に必須だったからです。大部分は復習みたいなものでしたが、色々と学ぶところもありました。

日本の脳波専門医試験では...いったいどうなんだろう?

理工系の方たちから見れば超基本という感じですが、これから機会をみて、デジタル脳波の基本について書いていこうと思います。

|

« 新年度 | トップページ | デジタル脳波の基本1 - デジタル信号とアナログ信号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年度 | トップページ | デジタル脳波の基本1 - デジタル信号とアナログ信号 »