« 万能細胞 | トップページ | ガバペンチン »

2014/02/24

レベチラセタム

レベチラセタムは、まだ日本での歴史は比較的浅い抗てんかん薬です。

比較的少量で効く方と多く使わないと効かない方と二峰性の効果があるという話を学会等で聞きます。

岡山に帰ってきた当初は、使った方が難治なこともあってか、なかなか効かないという印象だったのですが、最近は印象が変わりつつあります。

確かに少ない量でも効く人は効き、5mg/kg/day程度でも効果を実感できる方がおられます。一方、メーカーでの上限量である60mg/kg/dayを超えないと効かない方もおられます。

カナダ時代の師匠のS教授は、「レベチラセタムは80mg/kg/dayまで使え」と教えてくれました。なので、患者さんとよく相談して多めに使う場合はあります。

副作用の興奮や眠気ですが、これも人によってだいぶ異なります。10mg/kg/day程度でもあきらめざるを得ない方、上限量を超えても平気な方、上限量を超えて初めて興奮した方など色々です。これも予想がつきません。

|

« 万能細胞 | トップページ | ガバペンチン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万能細胞 | トップページ | ガバペンチン »