« 奈良旅行 (Trip to Nara) | トップページ | 宮島 »

2012/10/03

レンノックス?

レンノックス・ガストー症候群という難治なてんかんがあります。英語だと、Lennox-Gastaut syndromeです。

このレンノックスという言葉ですが、英語での発音はレノクスです。どんなに耳の穴をかっぽじいて聞いても、「ン」の音は入っていません。つまり、日本語でレンノックス・ガストー症候群と書くのは、僕は正しくないと思います。

カナダの知り合いに確認しましたが、LennoxとLenox(nが2つと1つ)で発音に違いはありません。英語では子音がダブルだろうがシングルだろうが発音は同じです。

また、アクセントは「e」の文字にあります。なので、「レ」を一番強く発音します。レンノックスと表記すると、「ノ」にアクセントがある印象を受けてしまいます。この意味でも間違いです。

ジョン・レノンはJohn Lennonとつづりますが、これを「レンノン」と発音する人はいません。英語圏の方には、LennonとLennoxは、最後の子音が少し違うだけに過ぎません。

こういうことが問題になるのは、僕たちが日本語を話すからです。日本語には「ン」という音節(正確にはモーラ)の単位があります。これは英語には存在しません。英語圏の人にはきっと簡単には分かってもらえない問題でしょう。

|

« 奈良旅行 (Trip to Nara) | トップページ | 宮島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良旅行 (Trip to Nara) | トップページ | 宮島 »