« 院内勉強会 - 迷走神経刺激療法 | トップページ | 送別会 (Farewell party) »

2012/02/15

先天性代謝疾患8

モリブデン補酵素(補因子)欠損症という疾患について書きます。

モリブデン補酵素(補因子)、略称MoCoというのは、微量元素のモリブデンを中に含んだ物質ですが、いくつかの重要な酵素が働くのに重要な役割を演じています。特に大切なのが亜硫酸酸化酵素で、体の中でできた毒性の高い亜硫酸を硫酸に酸化して解毒する働きがあります。

MoCo欠損症では、毒性の高い亜硫酸が体にたまり、脳などの臓器に障害が起こります。生後間もなくからのてんかん発作、重度の発達遅延等が主な症状ですが、亜硫酸の毒性による障害が続きますので、基本的に進行性の病気です。

この疾患は、その経過と画像所見から、しばしば重症の低酸素性虚血性脳症と間違われます。診断の鍵は、「重症仮死のはっきりした既往がない(乏しい)のに、あまりにも症状や画像所見が重度で話がうまく合わない」という印象を受けた際に、この疾患を考えるということです。

まず行うとても大切なテストがあります。尿中亜硫酸テストです。これには、理化学機器等の会社から販売されている亜硫酸試験紙を用います(Googleで検索するとすぐ出てきます)。正常人ではこの試験紙の色は変わりません。しかし、MoCo欠損症の方は濃い色にすぐ変わります。1つ注意点があり、必ず新鮮尿で検査するということです。でないと、偽陰性が出る場合があります。この亜硫酸試験紙ですが、日本全国のNICUに常備しておくべき品だと僕は思います。

亜硫酸テストが陽性だった場合、偽陽性の可能性を否定するため、より特異的な物質を測定します。それが尿中スルフォシステインという物質で、日本国内に測れる施設があります。

尿中スルフォシステインが上昇していた場合、診断はMoCo欠損症か亜硫酸酸化酵素欠損症の2つに絞られます。この2つを鑑別するのに大切な検査が血中尿酸です。MoCo欠損症であれば、血中尿酸が著明低値(感度以下)になります。これは、尿酸を生成するキサンチン酸化酵素がMoCoを必要とするため、MoCo欠損症ではこの反応もうまくいかなくなるからです。ここでも注意点があり、生後間もなくは尿酸値が必ずしも低くない、ということです。母体からの移行があるからだと思います。

残念なことに、MoCo欠損症も亜硫酸酸化酵素欠損症も(両者の症状はほぼ同じ)、現時点では治療方法がありません。MoCo欠損症の一部に対してはcPMPという物質が注目されていますが、世界のどこかで治験が始まったという報告はまだないようです。今後の進歩を待ちたいところです。

小児神経科医として覚えておきたいのは、原因がはっきりしない新生児発症の発作では尿中亜硫酸テストを行う、血中尿酸低値に気をつけておくということです。

|

« 院内勉強会 - 迷走神経刺激療法 | トップページ | 送別会 (Farewell party) »

コメント

数年前の未熟児新生児学会でこの病気を知ってから一応尿酸値は気にしていましたが、繰り返しは見ていませんでした。亜硫酸試験紙探してみます。うちの新生児発作対応(診断も含めて)マニュアルを作成中ですが、わからないことも色々あるので、また相談に乗っていただけるとうれしいです。

投稿: take | 2012/02/15 19:42

take先生、お元気ですか。

亜硫酸試験紙はスクリーニングにとても役に立ちますので、ぜひ手元に置いといてください。

新生児発作対応マニュアル、がんばって良いものを作ってくださいね。

投稿: あきちゃん | 2012/02/15 21:50

尿中スルフォシステインという検査を省き、遺伝子検査で診断する場合もあるのですか?

投稿: 7 | 2012/06/28 15:17

7さん

遺伝子検査をいきなり行うのは不可能ではないでしょうが、遺伝子検査を行うに足る傍証を得ることは大切だと思います。亜硫酸テストは簡易テストですから。

日本では、スルフォシステインの測定も遺伝子検査も同じ施設でできますので、話はスムーズに進みやすいです。

投稿: あきちゃん | 2012/08/30 15:37

はじめまして。
私の息子は、1歳半でこの病気だと判明しました。現時点での病院からの薬はてんかんの薬を処方してもらっています。他は口頭軟弱症の薬や今の息子の症状に合わせての薬のみです。この病気についての質問や症状、そしてどのように進行していくかなど今の主治医に相談しても先生自身も知らなかった病気なので、脳性麻痺の症状と同じ対応しかしてもらえません。脳性麻痺という括りにはなるとは思うのですが根本の病気に関する知識は主治医は皆無です。(もしろん先生がブログに記した内容の事は説明はして頂きましたが)自分でたくさん文献を読み、調べましたが、やっぱり実際に日本でモリブデン補酵素欠損症の患者を診てる先生の話やその子たちに会いたいと思うのですがそこはなかなか難しい問題になっています。このように、あきちゃん先生のようにブログでこの病気を紹介してくださいる事でもっと情報が多くなる事を願っています。先生は、この病気がどのように進行していくか、そしてどのくらい生きられるかなど分かりますか?海外でそういうお子さんは診ていらっしゃいましたか?分かる範囲で結構です。何でもこの病気について知っている事をお教え願ませんか?宜しくお願いします。

投稿: こーりゃ | 2012/12/19 18:55

こーりゃさん、公開された場所には書きづらいですので、メールでお返事いたします。

投稿: あきちゃん | 2012/12/19 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 院内勉強会 - 迷走神経刺激療法 | トップページ | 送別会 (Farewell party) »