« てんかんはありふれた病気 (Epilepsy is a common disorder) | トップページ | ThinkPadヒンジ破損 (My Thinkpad's hinge got broken) »

2012/01/15

軽四廃止?

日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社

米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。(読売新聞)

こんなニュースが出ています。

TPPでアメリカが何をしようとしているかが、少しずつ見えてきているような気がします。

軽四、売れまくってます。街を走っていると、本当に多いです。コンパクトで運転しやすいし、維持費安いし、壊れにくいし。日本の技術の高さだと思います。アメ車、売れんでしょう。一部の好きな人以外には不要でしょうから。足として使うなら、軽四は最高です。

そこで、アメリカ企業から規格廃止の主張です。技術的には勝てませんから、こういう手でくるわけです。日本がTPPに正式参入したなら、もっと強力に干渉してくるのでしょう。自社の車が売れないという理由で、日本政府を相手に提訴できますし。裁定を下す組織のトップが確かアメリカ人でしたっけ。

僕が心配しているのは、仕事柄、やはり医療保険です。同じようなことがきっと起こるでしょう。アメリカの民間医療保険会社が、日本の国民皆保険制度は廃止すべきだ、なんて言ってきても全くおかしくありません。医者としても心配ですし、患者になりえる立場としても心配です。

医者としてですが、患者さんの保険の種類に応じて医療の質を変えることがアメリカではあるようです。保険でカバーされないのでしたくてもできない検査、治療がある。フラストレーションたまりそうです。また、そういう検査を行えずに疾患を見逃したとしても、日本の裁判所は許してくれませんから、なおさら困ります。

患者としては、受けられる医療の質はもちろんのこと、保険料の問題が大きいですね。また、保険でカバーされない検査や治療は、混合診療解禁で自己負担になってしまうかも知れません。そうでないと医療機関がつぶれますから。お金がないとよい医療が受けられない時代は近いのかも知れません。

|

« てんかんはありふれた病気 (Epilepsy is a common disorder) | トップページ | ThinkPadヒンジ破損 (My Thinkpad's hinge got broken) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« てんかんはありふれた病気 (Epilepsy is a common disorder) | トップページ | ThinkPadヒンジ破損 (My Thinkpad's hinge got broken) »