« 右と左 (Right and left) | トップページ | スペイン料理 (Spanish cuisine) »

2010/07/26

HDD換装 (Replacing hard drive)

簡単に思えて、とっても苦労した話。なので、とっても長文です。

僕のThinkPad T60には、120GBのハードディスク(HDD)が入っているのですが、残り容量が少なくなってきて、どうにもなくなってきました。そこで、一念発起して、換装することにしました。この際のポイントは、HDDとHDDケース以外に余分な金銭的出費はしないこと。つまり、必要なソフトは、全てフリーウェアで間に合わせることです。

チャイナタウンで買ってきたのは、Seagate ST9500420ASという、500GB、7200rpmのドライブ。80ドルくらいでした。安くなってるんですね~♪ Filtechというお店なのですが、ここの中国人のおっちゃんのノリが妙によくて面白かった。

まずは、外付けケースに入れてつなげます。そして、内臓ドライブのパーティションを全てコピーです。EASEUS Partition MasterのHome Edition (2017/8/7追記: 日本語ページがあるそうです)が、とても高機能で便利。実際の手順は、コチラを参考にさせていただきました。感謝。

新しいHDDを指して電源を入れたところ、カーソルが点滅するだけで、何も起こりません。おかしいなぁ。しかたないので、古いHDDでWindowsを起動。新しいHDDを外付けでつなぎ、中身を確認。古いHDDのデータはきっちりコピーされています。となれば、MBR(マスターブートレコード)の問題か...

Microsoft Support Toolというのをとってきて、diskprobeというプログラムでMBRを覗くと、古いHDDと全く同じ。あれぇ~? だけど、Windows XPの標準のMBRと違うよ。何かのソフトを入れたときに変更されちゃったのかな?

というわけで、Windows XP標準のMBRに戻してみようと思ったわけですが、それには、回復コンソールというのが必要らしい。ところが、これ、Windows XPのインストールCDに入っているらしい。僕のWindowsは、プレインストール版だから、当然こんなのありません。色々探して、ココにたどり着く。なるほど、回復コンソールのブータブルCDを作るわけね。

ところが、ここの説明にあるソフトが、もう手に入らなくなっています。マイクロソフトから取ってきた起動フロッピーディスクのイメージファイルは、仮想FDDソフトでなんとか読み出し、ブータブルCDの作成には、CDBurnerXPというのを使うことにします。

必要なファイルを集めて、ブータブルCDのisoイメージを作るのですが、いくつかポイントがあります。エミュレーションなし、セクターを4に設定し、ISOバージョン番号拡張子の無効化をチェックします。ブータブルCDのisoイメージがきちんとできたかどうかは、Virtual PC 2007でisoイメージをマウントして仮想マシンを起動させれば分かります。うまくできるまでに、10回近く作り直しました。

さて、isoイメージをCD-RWに焼いて、ThinkPadを再起動します。この時点では、HDDは古いのを指したままにしていました。Windowsのセットアップ画面になり、回復コンソールを立ち上げようとすると、HDDがないという表示がでる。驚いたのは、続いての再起動でWindows XPがHDDから全く起動しなくなっちゃいました!

起動ロゴの途中で止まっちゃうんです。何度やっても同じ。セーフモードも全くだめ。だいぶやばい雰囲気が漂い始めました。でもどうにもおかしいんです。HDDの中身は全く触ってないのに。

妻のPCでネットサーチをしたところ、回復コンソールでは、SATAドライブは認識しないとのこと。仕方ないな、Windows XPが出たころは、SATAはまだなかったからなぁ。もう少し調べると、BIOSでSATAを互換モードで動かすと、回復コンソールで認識できるようになるとのこと!

さっそく、BIOSでSATAを互換モードに切り替え、回復コンソールを立ち上げます。やった、Cドライブを認識しました。だけど、勝手に電源が落ちちゃう。3回ほど立ち上げなおしても同じ挙動。なんか変だ。

このあたりでようやく気づいたのですが、ThinkPadがとても熱くなっているんです。もしや熱暴走?かと思い、ちょっと休ませることにしました。これがたぶんあたりで、温度が下がったところで起動すると、Windows XPが何事もなかったかのように起動しちゃいました! やったよぉ~~(涙)!!

さて、ここでようやく本番です。再度電源を落とし、HDDを新しいのに取り替える。CDブートで回復コンソールを立ち上げます。mapコマンドでHDDを確認し、fixmbrコマンドでMBRの修復をします。予想通り、fixmbrコマンドが、標準のMBRが変更されているという警告を出した上で、修復をしてくれました。

CDを抜いて再起動。やった~~、無事に新しいHDDでWindowsが起動しました! インストールしてあったアプリケーションが正常に作動することを確認します。HDDの空き領域にDドライブを作り(360GB!)、My Documentsフォルダ等のデータを全部移動。これで、無事に作業が終わりました。Cドライブに50GB近い空きができてほっと一息。

古いHDDは外付けケースに入れておいて、新しいHDDでしばらく問題がないようなら、中身を消してデータ保存用にでも使おうかと思います。これで、手持ちの外付けHDDが合計5つになってしまったぞ。

これだけの作業が、全てフリーウェアでできたのはすごいことです。作者の方々に大感謝。そして、インターネット上に大切な情報を掲載してくださっている方々にも本当に感謝です。

|

« 右と左 (Right and left) | トップページ | スペイン料理 (Spanish cuisine) »

コメント

あきちゃんの雑記帳 管理人様

お世話になっております。EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御サイト上で弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

日本ユーザーのために、お手数ですが、記事中のEaseUS Partition Masterリンク先を下記の日本語公式ページにご修正頂けませんでしょうか?

http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿: イーザス | 2017/08/07 17:38

イーザス様

日本語のページができているのですね。

追記の形でリンクを作っておきました。

投稿: あきちゃん | 2017/08/07 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 右と左 (Right and left) | トップページ | スペイン料理 (Spanish cuisine) »