« 難治てんかんへのケトン食療法 (Ketogenic diet for intractable epilepsy) | トップページ | 花を愛でる (Enjoying flowers) »

2010/04/04

てんかん発作と症候群分類に関する報告書 (ILAE report on organiazation for epileptic seizures and epilepsy syndromes)

国際抗てんかん連盟(ILAE)より、てんかん発作とてんかん症候群分類に関する報告書が正式に出版されました。Epilepsiaの最新号で読むことができます。

Epilepsia 2010; 51(4): 676-685.
Revised terminology and concepts for organization of seizures and epilepsies: Report of the ILAE Commission on Classification and Terminology, 2005–2009

直訳すれば、発作とてんかんの編成に対する改訂された用語と概念。なんのこっちゃ?

ILAEは、分類classificationという用語の定義にうるさくて、生物学的分類のようなきっちりした分類でないものにclassificationという言葉を使いたがらないのです。その代わりにorganizationという語を使っています。要は、てんかん発作とてんかん(症候群を含む)の「いわゆる」分類について用語と概念を変えたからね、という報告書です。

さてさて、この変更された用語と概念(特に用語)、どこまで普及していくのでしょうか? 僕にははなはだ疑問です。なぜかというと、用語の変更が言葉遊びのようにしか思えないんです。新しい用語が昔の用語よりも優れているという根拠が分からない。新しい用語にも問題満載で、ILAEのウェブサイト上のパブリックコメントでも色々突っ込まれていました。

Epilepsiaの同じ号にコメント記事がいくつか寄せられていますが、「新しい用語を定義するよりも、かつての用語の意味を改めて明らかにした方が良い」という意見がありました。僕は、これに大賛成です。

|

« 難治てんかんへのケトン食療法 (Ketogenic diet for intractable epilepsy) | トップページ | 花を愛でる (Enjoying flowers) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難治てんかんへのケトン食療法 (Ketogenic diet for intractable epilepsy) | トップページ | 花を愛でる (Enjoying flowers) »