« おっちゃんのカレー屋さん再び | トップページ | 円高 (Strong Japanese Yen) »

2010/04/28

カナダ脳波技術師認定試験 (CBRET exam)

先週の土曜日は、カナダの脳波技術師認定試験(CBRET)がSickKidsで行われました。僕はカナダの脳波専門医なので、試験官の1人として参加しました。

カナダでは、RET (registered EEG technologists)が脳波記録を行います。この資格がない人は半人前で、監視が必要です。リーダーのSさんは、カナダの資格はアメリカよりも難しいんだと誇らしげに言っておられました。

この試験は、筆記試験と実技試験に分かれています。筆記試験は昨年秋に既に済んでおり、今回は実技試験です。

実技試験は、口頭試問、記録してきた脳波の評価とそれに関する質問、実際の電極の装着です。

僕は口頭試問と記録してきた脳波の評価とそれに関する質問を担当しました。

口頭試問は、サンプルの脳波を見せながら、それに関する知識を色々と問うものです。種々の正常パターン、異常パターン、アーチファクト等を見せたり、電極の配置をどのように行うか尋ねたり、記録条件をどのように変えるのか質問したりします。さらにてんかん発作型分類、治療薬の選択についても質問します。カルバマゼピンが欠神発作を悪化させる等も知っておかなければなりません。全部で1時間なので、かなりのストレスです。

脳波の評価は、持参してきた脳波(小児と成人1例ずつ)を定められた基準によりチェックし、その脳波に関する技術的な質問、臨床的な質問等をします。その他、必須の質問というのが5問あり、これらは全てデジタル信号技術に関する質問でした。現在は脳波計はデジタル化されていますから、こういった知識も必須なわけです。

SickKidsからも1人受験しました。公平のため、僕達は彼女の担当はしませんでしたが、合格していることを願っています。

4月29日追記:無事、SickKidsの受験生は、無事合格してRETになりました。おめでとう!

|

« おっちゃんのカレー屋さん再び | トップページ | 円高 (Strong Japanese Yen) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おっちゃんのカレー屋さん再び | トップページ | 円高 (Strong Japanese Yen) »