« 大淀病院事件判決 | トップページ | Neurology Retreat »

2010/03/03

ポジティブフィードバック (Positive feedback)

自慢話で、ごめんなさい。

先日、トロント小児病院でのNeurology Grand Roundsで、新しいてんかん分類の概説やてんかん分類に関する問題点に関して1時間のプレゼンテーションをしました。

今日、神経科から評価表をもらいました。というのは、プレゼンテーション後に、聴衆(全員ではない)がその発表に対して5点満点でスコアを付けて提出することになっているのです。

内訳は

  • 発表内容に意義がある
  • 講演者が効果的な教育方法を用いた
  • 総合評価

です。

今回は、最初の2つの項目で、5点が94%、4点が6%、そして総合評価では、なんと5点が100%でした!

去年は、3点も少しあったし、4点も結構あったので、改善しています。思わず顔がほころんでしまいました...

こうやってフィードバックを受けるのは良いことです。結果が良ければうれしいですし、良くなければ改善しようとがんばる気持ちになるからです。

|

« 大淀病院事件判決 | トップページ | Neurology Retreat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大淀病院事件判決 | トップページ | Neurology Retreat »