« 電子ジャーナル (E-journals) | トップページ | S教授からの贈り物 (A gift from Prof. S) »

2010/03/10

アメリカ神経学会に加入 (Applying membership for AAN)

アメリカ神経学会(AAN)に加入することにした。といっても、正規のメンバーではなく、ジュニアメンバー。これは、トレーニング中の人だけが許される資格で、加入料金が安い。僕は、SickKidsのFellow、つまりあくまでトレーニング中の身だから申請できる。仮に、日本の小児神経科医として加入するとなれば、Corresponding Member(正規のメンバーに相当する資格)として、より高い金額を支払う必要がある。

加入した理由は、4月にトロントで行われるアメリカ神経学会に参加したいから。メンバーでないと、仮に研修医であっても、最低545米ドルかかるのだ。べらぼうに高い。おまけに、教育講演は、それぞれ登録が必要で、それぞれに余分に登録費用(ジュニアメンバーで、各セッションにつき20-350米ドル)がかかるという、めちゃくちゃな設定である。これもジュニアメンバーとメンバーでない人とで2-3倍の価格差がある。

まさに、この費用を節約するためにジュニアメンバーになったのである。他にも、雑誌Neurologyへのアクセスや、学習用のContinuum等、かなりの恩恵があり、うれしい。

ただ、おそらくトレーニング期間中だけだろうな。スタッフ医師として加入するのなら、AANよりも国際小児神経学会(ICNA)アメリカてんかん学会(AES)に加入する方が、僕には大きいと思う。

|

« 電子ジャーナル (E-journals) | トップページ | S教授からの贈り物 (A gift from Prof. S) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子ジャーナル (E-journals) | トップページ | S教授からの贈り物 (A gift from Prof. S) »