« 味千ラーメン (Ajisen Ramen) | トップページ | ソニー・ロリンズ (Sonny Rollins) »

2009/06/27

マスクフィット (Mask fit)

先日、病院でマスクフィットを済ませてきました。必要だったんですが、ずっとしていなかったんです。今回、豚インフルエンザの件で、マスクフィットが必須になり、これを機にと行いました。

マスクフィットとは、N95マスクで、自分の顔にぴったりフィットするものを探すことです。N95マスクにも色々なサイズがあり、自分の顔に合わないものでないと意味がありません。空気感染する結核予防にN95マスクを使ったとしても、隙間があれば意味がないわけです。

方法ですが、一番一般的なマスクを渡され、装着します。鼻の部分の金具をしっかり押さえて鼻に合わせます。次に息を吐きながら、マスクの周辺に触れ、空気の漏れがないかどうか確認します。次に頭を動かしながら確認します。

20090626 さて、次が楽しい。頭からスッポリ袋をかぶせられます。そして、袋の中にシュッシュとスプレーされます。そして、頭を動かしながら息を吐いたり吸ったりして、隙間の有無を確かめます。隙間があると、スプレーされた内容が口に入って味を感じる仕組みになっています。

味を感じなければ良いわけですが、最後に確認のためにマスクの下を持ち上げて隙間を作るように言われます。そうすると、甘味を感じました! 甘味料のスプレーだったわけです。

マスクフィットの結果は2年間有効です。

|

« 味千ラーメン (Ajisen Ramen) | トップページ | ソニー・ロリンズ (Sonny Rollins) »

コメント

お久しぶりです。
日本でも先日のインフル騒ぎや毎年の花粉症とかでマスク姿はしょっちゅう目にしますが街中でみるとどうみてもすき間だらけで意味ないでしょ?という人も多いです。
なので医療従事者の人なんかどーしてんだろう?
やっぱりチェック機能とかあるのかなと思ってましたがなるほどこーゆーのがあるんですね。勉強になりました。w

投稿: Taka@ぽたモバ | 2009/06/27 14:26

Takaさん、お久しぶりです。

ええ、すき間があると意味ないんですよ。だから、けっこう息苦しいんです。

顔の形が変わる場合がありますので、2年毎にフィットしなおさなければいけません。親知らずを抜いたりした後でも、再チェックした方が良いみたいです。

投稿: あきちゃん | 2009/06/28 03:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 味千ラーメン (Ajisen Ramen) | トップページ | ソニー・ロリンズ (Sonny Rollins) »