« 異例な出来事 (An exceptional event) | トップページ | 見事に失敗 (I failed!) »

2009/04/10

神経科での発表 (Neurology Grand Rounds)

昨日は、神経科のグランドラウンドと言って、神経科の人たちが集まる前で、1時間の発表を行いました(45分程度の発表と15分程度の質疑応答)。

1年に1回の発表。自分が何をしているか、何を知っているかを、みんなにアピールする一番の大舞台です。なので、準備にも気合いが入ります。スライドも70枚弱作りました(図やグラフがあるし、スライド辺りの字数も少なめにしたので、時間的にはOK)。構成も考えました。なるたけみんなを退屈させないように、途中で質問をはさんだり、ビデオを見せたり、流れを考えたりと、色々。

英語は、やっぱり苦手です。少し込み入ったスライドや、ここを強調したいというスライドについては、メモを念のため持っていきました。結局は、自分のノートパソコンのマルチモニター機能を使って、パワーポイント上のメモを見ながら発表ができたので良かったのですが。

質問もわりとあって良かったです。学会と違いますので、別に火だるまになりはしませんし。昔は質問の聞き取りに苦労しましたが、最近は聞き取りがだいぶ楽になってきましたので、まぁそれなりにうまく答えられたと思います。

自分の発表に関しては、後にフィードバックがあります。参加者が評価をし、その結果が届きますので、自分の良かったところ、改善すべきところが分かるというわけです。北米の学会でもこのようなシステムはありますが、日本の全国学会ではあまり見たことがありません。質の向上のためにも、このような評価システムはぜひ導入すべきだと思います。

|

« 異例な出来事 (An exceptional event) | トップページ | 見事に失敗 (I failed!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 異例な出来事 (An exceptional event) | トップページ | 見事に失敗 (I failed!) »