« 合いつつある (It's getting the right size) | トップページ | バルプロ酸注射薬 (Intravenous VPA) »

2009/04/17

ミダゾラム (Midazolam)

カナダに来て驚いたことの1つは、ミダゾラムをものすごい量使うことです。

ミダゾラムは、神経科領域では、てんかん重積状態の治療に使います。簡単に言えば、てんかん重積とは、発作が長時間止まらない状態、もしくは、発作が断続的に長時間繰り返し意識が戻らない場合です。緊急事態です。

ミダゾラムは、まずワンショット(bolusという)で静注し、持続点滴で使います。発作が止まらなければ増量しますが、点滴のスピードを上げる直前に必ずワンショットします。点滴スピードを上げるだけでは、なかなか血中濃度が上がらないためです。ミダゾラム使用の際は、患者さんは全員ICU行きです。

増量は、臨床症状と脳波を見ながら、15分毎に行います。もちろん、見た目に発作が止まっていなければ、もっと速いペースで増量してかまいません。原則、全例、連続脳波モニタリングになり、Epilepsy Fellowが担当になります。

僕は、日本ではミダゾラムは、0.5mg/kg/hまでしか使ったことがありません。本などで、1.0mg/kg/hまでなどという記載もありましたが、多くは0.5mg/kg/hくらいまでだったと思います。

SickKidsのマニュアルでは、ミダゾラムは、2-24µg/kg/minで使います。これは、上記に単位を合わせると、0.12-1.44mg/kg/hです。英語の文献を調べますと、最高36µg/kg/min (2.16mg/kg/h) という記載も見つけました。とてつもない量に感じてしまいます。

問題は、ここまで大量を使うメリットがあるのかどうかということです。個人的には0.5mg/kg/hで効かなければ、それ以上増やしてもあまり効かない印象があります。もし自分が担当医なら、さっさとあきらめて違う薬を使うと思います。異論はあるのでしょうが、僕は、ミダゾラムをそこまでは信頼していません。

|

« 合いつつある (It's getting the right size) | トップページ | バルプロ酸注射薬 (Intravenous VPA) »

コメント

娘がウイルス性脳炎で40日 気道切開し、入院しています。
痙攣がとまらないため ミダゾラムを継続して使用しています。量の単位はわかりませんが、1.5にすると痙攣がとまり、安定しますが、1におとすとある程度あ痙攣が出 0.5にすると大発作 全身痙攣がでます。
なんとかミダゾラムから脱して 寝たきりからなんとか
脱したいと希望していますが、適切なかわりになるくすりが先生もみつからず 苦慮しています。
良い 代替の口からのめる薬があれば アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: DAN | 2010/02/11 14:18

DANさん、娘さんのこと、たいそうご心配されていることと思います。

代替のお薬の件ですが、現在使用中の薬や過去に試した薬などとの兼ね合い、主治医の治療方針に娘さんを全く知らない部外者の私が口出しをする資格はない等の事情がありますので、簡単にお答えすることができません。

あくまで一般論を申しますと、ミダゾラムと同系統の飲み薬ではマイスタンやリボトリールがあります。他には、フェノバールの大量療法をされる先生もおられます。しかし、担当医の先生は既に試されているかも知れませんね。他にも飲み薬は色々ありますが、主治医の判断によります。

中途半端な回答になり、申し訳ございません。

投稿: あきちゃん | 2010/02/11 15:22

ありがとうございました。
何かいい情報ございましたらよろしくお願いします。
すみません あせって名前かいてしまいました。
名前 愛称に変えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: DAN | 2010/02/12 14:31

DANさんへ。

名前については、変更しておきましたので、ご安心ください。

手こずる発作については、一般的な話題として1つ記事を書いてみようかと思います。それをご参照いただければと思います。

治療方針は、あくまで主治医の判断によるということをご了承ください。

投稿: あきちゃん | 2010/02/12 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合いつつある (It's getting the right size) | トップページ | バルプロ酸注射薬 (Intravenous VPA) »