« ミダゾラム (Midazolam) | トップページ | ポケットコール (Pocket call) »

2009/04/18

バルプロ酸注射薬 (Intravenous VPA)

アメリカでは、静注用バルプロ酸が使えます。カナダでは、正式には認可されていませんが、special accessの申請をすれば、使うことができます。このspecial accessというのは便利で、カナダで認可されていない薬を色々使うことができます。例えば、zonisamide、stiripentolなども使えます。日本でも、このようなシステムをぜひ導入して欲しいものです。

静注用バルプロ酸は、難治なてんかん重積の治療で、役に立つかも知れません。従来のベンゾジゼピンやバルビツール酸系統の薬は強力ですが、患者さんの意識レベルと落としますし、呼吸抑制も起こします。血圧も落ちます。静注用バルプロ酸は、このような副作用が起こりにくく、なおかつ、わりと早く効く。

特に、長時間の重積になると、GABAによる抑制系が働かなくなってくるので(神経細胞表面のGABA受容体が減ってしまう)、GABAに働くベンゾジゼピンやバルビツール酸とは異なったメカニズムの薬を使うのは、理にかなっていると思います。昨年のアメリカてんかん学会でも、このような話題が出ていました。

さらには、バルプロ酸持続点滴も行っています。まだまだ試行錯誤のところも多いのですが、色々な使い道が見つかればと思っています。

|

« ミダゾラム (Midazolam) | トップページ | ポケットコール (Pocket call) »

コメント

はじめまして・・。

stiripentolの検索をしていてたどり着きました。
ミシサガで、ホームケアのソーシャルワーカーをしているゆかと申します。

実は友人(同じくミシサガ在住の日本人です)の息子さんが幼児ミオクロニーてんかんで、現在この薬をつかっているのですが、ODBによってカバーされていないようです。

Special accessのシステムが最近少し変わったようですが、もしかしてオンタリオでもstiripentolもカバーされる可能性があるのでしょうか?
ぜひ教えてください!!

投稿: ゆか | 2009/05/08 11:41

ゆかさん、はじめまして。こちらでソーシャルワーカーをされておられるのですね。僕は、トロントに来て、ソーシャルワーカーの仕事がこんなに幅広いのかととても驚きました。

Stiripentolを使っておられる患者さんはSickKidsにもおられますが(乳児重症ミオクロニーてんかん = Dravet症候群の方です)、コストの問題が出ていたのを覚えています。ゆかさんのご友人と同様の状況だったのかも知れません。

一緒に働いているソーシャルワーカーに尋ねてみますので、少し時間をください。

投稿: あきちゃん | 2009/05/08 13:08

お忙しい中早速ありがとうございます。お手数かけてすみません。
stiripentolは少し前に製薬会社がものすごい値上げをしたということで、実費負担だとこの薬だけで月$800~100以上にもなるということです。ゆっくりで結構ですので、情報をいただけると助かります。

わたしも、コミュニティでのサポートとして、SickKidsからのリフェラルを受けることも時々あります。いい病院ですよね。スタッフも素晴らしい。お仕事がんばってくださいね。

投稿: ゆか | 2009/05/09 13:21

ゆかさん、SickKidsのsocial worker、pharmacist、nurse practitionerに尋ねました。現在、stiripentolはspecial accessですが、仮にHealth Canadaから使用が承認されたとしても、家族による実費負担になるのだそうです。また、新しい情報が入りましたら、アップデートさせていただきますが、今のところは残念ながらこういう状況のようです。

投稿: あきちゃん | 2009/05/13 10:13

わざわざ調べてくださって、ほんとうにどうもありがとうございました!あれから私も少し調べたんですが、compassionate basisでontario drug benefitに申請する道がまったくないわけでもないような・・・?。
http://www.health.gov.on.ca/english/providers/program/drugs/pdf/compassionate_review_policy.pdf
でも、担当の医師の判断と協力によるところが大きいようなので、友人にも医師に相談してみるよう勧めました。


一応ODBに電話してみようと思っています。私も何かわかりましたらご報告致します。

投稿: ゆか | 2009/05/15 14:17

Compassionate basisですが、SickKidsでも1例申請してみたらしく、結果待ちの状態だと聞きました。試してみる価値はあるかも知れません。ご健闘を期待いたします。

投稿: あきちゃん | 2009/05/16 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミダゾラム (Midazolam) | トップページ | ポケットコール (Pocket call) »