« USMLE step 2CS 合格 (Passed USMLE step 2CS) | トップページ | National Epifellow Foundation Scientific Forum »

2008/12/05

シアトル到着 (Arrived at Seattle)

本日、シアトルにやってきました。アメリカてんかん学会に参加するためです。ポスター発表があります。

もう1つの理由は、明日行われるNational Epifellow Foundation Scientific Forumというのに参加するためです。これは、北米(一部他の国も含む)のepilepsy fellow達を対象に行われる教育的な(たぶん)会です。講義を受けたり、ワークショップに参加したり。各施設から1名だけ推薦してもらえ、SickKidsでは、2年目のfellowがいつも推薦を受けてきたのです。だから、今回は僕の順番というわけ。これに参加するfellowは、旅費とホテル1泊分が出してもらえますので、今回の旅費は無料です! ホテルはシアトルに6泊しますので、5泊分は自前で出します。

こんなわけでウハウハ言っていたのですが、トラブル発生!

バンクーバー経由で行ったのですが、バンクーバーで荷物をピックアップを一度ピックアップするのですが、一向に荷物が出てきません。どんどん次のフライトが近づいてくるので、係員に尋ねてみると、自分の乗っていたフライトの荷物が見つからないのだと。どうも僕のだけじゃないらしい。次にトロントから来る飛行機に載っているかも知れないからと、シアトル行きの便が1時間遅れました。これに荷物が載っていたなら、シアトルに着いたときに荷物が出てくるはず、という説明を受けました。

さて、シアトル到着。荷物...出てきません。仕方ないので、係員に滞在先を伝え、発送の手はずを整えます。

さて、最大の問題です。今晩は、Scientific Forumのwelcome dinnerがある。そして、僕はカラーシャツにジーンズ姿。いくらなんでもジーンズ姿はいただけない... ホテルに到着し、会場の受付に行きます(ホテル内に会場がある)。受付の女性に事情を話すと、たいへん同情してくれました。ズボンだけもうちょっときっちりしたのにすれば、ジャケットは要らないと言ってくれました。カラーシャツはOKだと。

だから、近くのデパートに買い物に行きます。この時点で、ディナーまで40分程度になっていました。この時点で、遅刻を覚悟する。また、やっぱり、ドレスシャツとネクタイも1本買うことにする。デパートの地下の紳士服売り場に行き、店員を捕まえ、かくかくしかじかですぐに服が欲しいと伝えたところ、ずっと付きっきりで服を探すのを手伝ってくれ、ズボンの長さの調整も担当者を呼び出して至急で調整してくださり、シャツとネクタイ選びの手伝い、果ては下着コーナーの案内までしてくれました。とてもありがたかったので、チップを渡そうとしたら、「いただかないことになっている」と一点張りでした。本当に感謝です。

会場に着替えて戻ると、受付の女性陣が「バッグは届いたの?」と尋ねてくる。まだと返事しましたが、元気付けるためなのか「You are so handsome!」と言ってくれました。きっちりして行ったのが良かったのかな?

夕食会場では、わりとノータイが多く、カラーシャツでも良かったかもと思いましたが、シャツもネクタイも持っていて損はないので、まぁいいか。なにはともあれ、ディナーはおいしかったし、他のfellowたちとも世間話をしてとても楽しかった。

そして、午後10時台に荷物が無事に届きました。Baggage delayを旅行保険会社に申請するには、遅延時間が短い(契約書には12時間と書いてあった)のですが、余計な出費をしてしまったので、旅行会社にとりあえずはどうするべきか問い合わせてみようと思います。たぶん申請は無理でしょうが。

|

« USMLE step 2CS 合格 (Passed USMLE step 2CS) | トップページ | National Epifellow Foundation Scientific Forum »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« USMLE step 2CS 合格 (Passed USMLE step 2CS) | トップページ | National Epifellow Foundation Scientific Forum »