« 病院への寄付金 (Donation to hospitals) | トップページ | 無罪 (Innocence) »

2008/08/29

学会参加費の返還 (Conference reimbursement)

SickKidsでは、トレーニングを受けているresident/fellowたちの勉強のため、学会参加でかかった費用に対して補助金を出してくれるという、とてもありがたい制度があります。

日本でも学会参加費は補助は出ましたが、僕の勤めていた国立大学では、2万円程度が1年に2回、つまり1年に4万円くらいでした。ちなみに、スタッフになる前の頃は、病院からは全く補助は出ず、医局費という、医局のみんなで毎月少しずつ出し合って貯めたお金を若い人たちの学会参加のために使っていました。病院によっては、自分たちの施設をアピールしてくれるということで、もっと補助をしてくれたり、国際学会への参加費用も補助してくれたりするところもあるらしいです。

SickKidsでは、residentであれば学会参加だけで750ドル、fellowは500ドル出ますし、発表をすれば、residentとfellowのいずれも1500ドルまで出ます。僕は、この6月にVictoriaでポスター発表をしましたから、1500ドルいただくことができました。とても大きな額で、感謝感激しています。

太っ腹なのは、カナダ国内であっても国外の学会であっても費用を出してくれることです。

今年の秋にある日本てんかん学会に演題を出しましたが、抄録が日本語(タイトルは英文も併記)でも問題ないとのお返事をいただきました。さすがに、演題受理の手紙は、英語版を送ってくださるよう学会事務局にお願いしましたが、2-3日でいただくことができ(事務局の方、本当にありがとうございます)、申請書を今日提出することができました。あとは、受理されるのを待つだけです。

外国人留学生に対しても、これだけの待遇をしてくれるのを、とてもありがたく思っています。

|

« 病院への寄付金 (Donation to hospitals) | トップページ | 無罪 (Innocence) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病院への寄付金 (Donation to hospitals) | トップページ | 無罪 (Innocence) »