« オムレツ修行 (Practice to cook omelets) | トップページ | オフじゃぁ! (I am off!) »

2008/07/19

日本臨床神経生理学会認定医試験

日本臨床神経生理学会のウェブサイトに、認定医試験の筆記試験の試験範囲が掲載されています。今までの数年は、移行措置による書類審査による認定でしたが、今後は試験による認定になります。これには、脳波分野と筋電図分野の2つがあります。

読んだ限り、生理学やME技術もカバーされており、カナダの試験と同様、幅広い知識を要求されるようです。実際にコンピュータで脳波を読む形式の試験の記載は見当たりませんが、たぶん筆記試験の中に脳波を読ませる問題があるのだと思います。日本は、まだペーパー脳波も多いですから、そうなのだと思います。

過去の移行措置の認定基準は、私見ですがかなり甘かったですから、これで認定医の合格レベルが上がるのは良いことだと思います。もちろん、今までに認定医資格を取られた方のほとんどは十分な経験のある方だと思っています。僕が言いたいのは、今までの審査基準が問題だったということです。ただ、僕も移行措置で認定医資格を取りましたので、あまり偉そうなことは言えない立場です(汗)。

ただ、現時点での問題として、認定医試験に合格していても、日本ではなんらメリットはないんですよね... 認定医と非認定医とで差別化が全くありませんから。

|

« オムレツ修行 (Practice to cook omelets) | トップページ | オフじゃぁ! (I am off!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オムレツ修行 (Practice to cook omelets) | トップページ | オフじゃぁ! (I am off!) »