« 久しぶりに料理 (Cooking after a long interval) | トップページ | プライド・パレード (Pride parade) »

2008/06/30

CPSOへのevidence of standingの証明

今日は、カナダ臨床留学に関しての話題です(オンタリオ州限定の話題です)。

私が働いているオンタリオ州の医師免許(トレーニングのための教育用免許)を取得するには、CPSO (College of Physicians and Surgeons of Ontario) というオンタリオ州の医師免許発行機関へ申請を出さないといけません。

私が実際に行った申請のプロセスは、ここをご参照ください。正直、かなり面倒くさいです。

さて、今回は、この中でも、Evidence of standingについて書きます。

また、日本小児科学会専門医の方に必要な書類のサンプルのダウンロードができるようになっています。

Evidence of standingとは、自分が医師免許と専門医資格を有する医師であり、過去に行政処分などを受けていないことを証明する書類です。CPSOの所定の書式の書類があるのですが、これをどこで記載していただくかが問題です。

というのも、医師免許の発行機関と専門医資格の発行機関が日本では別であり(前者は厚生労働省、後者は各専門学会)、それぞれが自分の管轄外については記載してくれないからです。もう1つ大切なポイントは、それぞれの機関に記載していただいた書類は、その機関から直接CPSOに郵送される必要があるということです。なので申請書類に、CPSOへの住所を記載したエアメールの封筒を添付する必要があります(私の場合は、EMSのラベルも付け、郵送後にラベルのコピーを自宅に返送してもらいました)。

厚生労働省に関しては、籍登録事項英文証明の申請書(これは問い合わせればfaxで送ってくださる)とともにCPSOの書類を郵送すると、書類を記載してくれます。その際、書類の内容の英訳を添付するよう求められます。専門医に関する部分は記載してくれません。

学会に関しては、学会により対応が異なるようです。私は日本小児神経学会にお願いしましたが、専門医資格の証明と研修歴の記載を行ってくださいました。しかし、最近うかがったのですが、日本小児科学会は専門医資格の証明はしてくださいますが、研修歴の記載は行ってくれなかったそうです。

そのため、小児科専門医の申請者は、各自で過去の研修病院に研修歴の証明書類を書いていただきCPSOに送っていただくなどして、手続きを進めてきたようです。私としては、この話を聞き、学会は専門医試験の際に研修歴の情報を手にしているはずなのに、どうして証明をしてくれないのだろうと疑問に思いました。

そこで、現在こちらに留学されている小児科医の先生方、こちらに留学予定の小児科医の先生方で有志をつのり、CPSOの書類の研修歴を記載していただくよう、日本小児科学会に請願書を送りました。

そして、先日、正式な回答(ファイルはこちら)を日本小児科学会より受け取りました。

回答(抜粋)

今回ご提示いただいた留学に関するフォームの中、(c)の専門医資格を有することに関しては証明できます。また、最後の専門医認定機関に関する部分もお書きできますが、
(d)の卒後研修を行ったことに関する証明は、そのままでは出来ません。

認定医・専門医試験受験に際し、受験資格の有無を判定するために、研修歴の証明が必要となります。小児科学会は「研修修了証明書」として、各研修施設の指導責任医から、受験者がその研修機関に在籍し・研修したことを証明した書類を作成・添付していただいております。

学会はこの書類によって研修歴の確認を行っておりますが、この書類作成の責任は各研修施設にあります。学会がそこに記載されていることをそのまま確認せず、学会の責任において他者に対し証明するのは民法上も問題となるそうです。つまり、証明しようとしても単純には出来ないとのことです。

が、向上心に燃え海外留学に出向くことを学会としては出来るだけ応援・支援したいとの基本的考えから、今後は民法上も問題のない、次の如き要領で要請に応えていきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

  1. 小児科学会所定の用紙を使用し在籍していた施設から在籍・研修の証明を戴く(所定用紙には記載証明されたことを学会が他のフォームに証明することの許可を求める記載あり)
  2. 申請者個人から学会宛に記載・押印された所定用紙を郵送
  3. 記載事項の確認を学会事務局が各機関に対し行う。
  4. 今回お示しいただいた所定のフォームに学会が記載し証明する。

大変面倒な段取りとなりますが、社会の仕組みとしてはこのような段取りが必要となるそうです。

早速にこの段取りで事務手続きが執り行われるようにいたしましたので、今後は充分な時間的余裕を持ってご依頼いただければ、今回のようなことにならずにすむと思います。

以上のようなわけで、今後は、以下の書類を日本小児科学会に郵送すればよいみたいです。

  1. CPSOの書類(申請者が記入できる部分は自分で記入)
  2. CPSOの書類の内容の日本語訳および説明(サンプルはこちら
  3. 研修施設に記載してもらった在籍研修証明(書式はこちら
  4. CPSOの住所を記載したエアメールの封筒

手間がかかることには変わりませんが、学会から正式な回答をいただいたことで、今後申請をされる小児科専門医の先生方の混乱が少しでも軽減できればと思います。

|

« 久しぶりに料理 (Cooking after a long interval) | トップページ | プライド・パレード (Pride parade) »

コメント

研修歴の証明を小児科学会に直接、お願いされたとはすばらしいです。日本の小児科学会からこのような前向きの姿勢のお返事をいただけるとはうれしいですね。この記事を読んで、日本に帰ったらまた小児科学会に入ろうと思いました(笑)。アメリカでの臨床留学と比べ、カナダの臨床留学についてはまだ情報が少ないので、こちらのブログが貴重な情報源になっていることでしょう。

CPSOは書類が足りなくても親切に連絡をくれないことがあります。CPSOに限ったことではありませんが・・・。日本人は行儀がよいので時間がかかっていても催促せず、CPSOが書類審査を進めてくれていると思ってCPSOからの連絡を待ってしまいます。これから留学されるこちらのブログの読者の先生には、「時間がかかりすぎじゃないかな?」と思ったら、遠慮なくCPSOに電話で問い合わせてもらいたいです。でも、ストレートに催促して、CPSOの担当者の機嫌を損ねてはいけません。書類をもれなく提出した自信があっても、「お手数ですが、私の書類がきちんとそろっているか教えてくださいませんか。」と下手に出て、書類審査の進行状況をさりげなく聞きだします。最後に担当者の名前を教えてもらい、例えばMaryさんだったら"Thank you soooo much for your help, Mary."とちょっと大げさに感謝の言葉を言えたらperfectかも?

投稿: basil | 2008/06/30 23:59

basilさん、こんにちは。

CPSOは、私の場合は足りない書類の連絡をくれましたし(けっこう後になってからでしたが)、メールで問い合わせると2-3日以内に返事をくれていました。

電話はなかなかつながらず、国際電話だったのでちょっとイライラしたのを覚えています。その後の担当の女性が、銃弾爆撃のような早口だったので苦労しました...

相手のご機嫌を損ねないのは確かに大切ですね。

投稿: あきちゃん | 2008/07/02 00:02

初めまして。北海道からオタワ大学にClinical fellowとして留学することになり、CPSOの手続きのことで困っているときにこのブログを発見してそれ以来お世話になっています。今、困っていることがありまして、もしお分かりになれば教えていただきたいのですが、University of Ottawaから提出を求められている書類の中にPolice record checkというものがありました。無犯罪証明のことだと思うのですが、北海道警察本部に問い合わせたところ、単なる大学からの要請では発行できないと言われました。Visaを取るために必要なのであれば、大使館からその旨を書類にしてもらえば問題ないらしいのですが、大学や企業などからの求めではダメらしいです。例外的な場合は外務省に書類を送って判断するらしいのですがひどく時間がかかるようでした。あきさんは大学にこの手の書類の提出を求められましたか。もしそうでしたらどのような手続きで書類を手に入れた教えていただけたら嬉しいです。CPSOの書類の中にも無犯罪証明が必要でしたが、これはCPSOが動いてやってくれるわけですよね。CPSOは政府の機関だから、許可がでるんですかね。

投稿: HO | 2012/05/28 21:30

HOさん

私はトロント大学でしたが、警察証明はもとめられませんでした。なので、ちょっと分かりません。

投稿: あきちゃん | 2012/05/28 22:19

さっそくお返事をいただきありがとうございました。再度オタワ大学と相談してみます。

投稿: HO | 2012/05/29 08:43

HOです。もう何点か伺ってよろしいでしょうか。CPSOのRegistration Feeの支払いは、クレジットカード払いが義務付けられていて、Account number, Expiry Dateなどを記入させられるのですが、これはカナダでは普通にやっていることなんでしょうか。悪用される可能性がまったくないとは言えないのでやや気になります。あきさんはどうされましたか。限度額の小さいカードを作ったりされましたか。しょうもない質問ですみません。CPSOに聞いて気を悪くされてもいやなもので。
もう一つCPSOからなかなか返事が来ないのでお聞きしたいのですが、Application Formの最後の弁護士の署名ですが、普通の日本人の弁護士の署名で問題ないのかご存知ですか。

投稿: HO | 2012/05/29 10:38

クレジットカードの件ですが、これはごく当たり前のことです。自分のふだん使いのカードの番号をそのまま書きました。

Application Formの最後の署名ですか? 確か公証していただくものですよね? 私は公証役場に行き、公証人に書いていただきました。

投稿: あきちゃん | 2012/05/29 13:09

あきさん。お返事ありがとうございました。少しずつですが前に進んで行っています。ありがとうございます。

投稿: HO | 2012/05/30 10:40

はじめまして
トロントでfellowship予定のものです。
煩雑なCSPO申請を前に苦しんでいますが、
このsiteで貴重な詳細情報を得ることができ非常に助かっております。
助けて頂いている身で申し訳ないですが、
お願いがありコメントいたしましした。
CSPOへのevidence of standingに関して小児科学会提出書類の書式のリンク(以下の2点)が切れていました。もし、可能でしたら拝見できたらと思い今回連絡いたしました。いかがでしょうか。

1CPSOの書類の内容の日本語訳および説明(サンプルはこちら)
2研修施設に記載してもらった在籍研修証明(書式はこちら)

投稿: IROT | 2017/01/27 06:42

IROTさん

コメントありがとうございます。@Niftyのホームページサービスが終了しており、リンク先がなくなっていたようです。

幸いにもファイルは当方に残っておりましたので、新たにアップロードし、この記事のリンクを貼り直しておきました。

また、小児科学会からの正式な回答文書もダウンロードできるようにしておきました。

ただし、8年近く前のことですので、現在は状況が変わっているかも知れません。学会と連絡をとりながら、落ちのないよう手続きをお勧めください。

だいぶ前のことで自分もかなり忘れてしまっておりますが、CPSOの手続きはかなりややこしかったのはよく記憶しております。

先生のfellowshipが成功されるよう強く願っております。

投稿: あきちゃん | 2017/01/27 08:34

あきちゃんさん
さっそくアップロード頂きありがとうございます。大変助かります!
この書類についてもう1つお聞きしたいのですが、医師免許の記入欄でDate issuedとDate expired/cancelledとありますがexprired/cancelledはよくわからないので空欄でよいですか?
また、小児科専門医の卒後研修記入欄は、(c)の所は専門医を更新している場合は初回専門医取得年月日ではなく更新した日になりますか? その場合は(d)の研修病院の記載は前回専門医取得時から今回の更新時までの研修病院について記載するのでしょうか? あるいは卒業後から現在までの研修病院を記入するのでしょうか(となると大分面倒ですが)?
いろいろお聞きしてすみません。

投稿: IROT | 2017/01/28 00:10

IROTさん、

expired/cancelledの部分ですが、日本の医師免許には期限はありませんので、N/A(= not applicable)あたりでよいのではないかと思います。

専門医の卒後研修は、専門医取得の要件を満たしたかどうかですから、初めて専門医をとるまでの研修病院のみでよいかと思います。北米では、residencyに相当する部分を書くことになりますので(residencyを終えていれば専門医試験の受験資格が得られる)、それに準じた書き方になると思います。

投稿: あきちゃん | 2017/01/28 10:02

御返信ありがとうございます。
卒後研修は、大学卒業から初めて小児科専門医を取得した時までの研修病院であれば、それほど多くないのでよかったです。
頂いたひな形を活用させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: IROT | 2017/01/29 05:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに料理 (Cooking after a long interval) | トップページ | プライド・パレード (Pride parade) »