« 脳波専門医試験の結果 (EEG exam results) | トップページ | CPSOへのevidence of standingの証明 »

2008/06/29

久しぶりに料理 (Cooking after a long interval)

20080629 今日は、久しぶりにDominionへ買い物に行き、料理をしました。ここ最近は学会と試験の準備、オンコールで料理をする余裕はなかったから。

といっても、手の込んだものは作る気はなし。一応、今週末もオンコールだから。

どうしても食べたかったのが、お気に入りのインゲンの炒め物。これで食欲が進むのだ~。ただ、以前とちょっと味付けは変えてみる。

材料は、インゲン1袋(340gだった)、豚肉(厚さ5mmくらいのを適量)、豆板醤大さじ1、オイスターソース小さじ1、おろししょうがとおろしにんにくを大さじ1/2、紹興酒大さじ2、ごま油少々。

手順は、まず、豚肉を幅5mm、長さ1cm程度に切っておく。次に小さめの鍋に油を深さ3cm程度まで入れて熱し、これでインゲンに油通しをしておく。そして、フライパンに油を少量入れ、豆板醤、おろししょうが、おろしにんにくを入れて炒めて香りを立たせ、豚肉を入れる。火が通ったら、オイスターソースと紹興酒を加えてなじませる。後は、油通しをしたインゲンを加え、ごま油を振りかけて香り付けをする。

ポイントは、インゲンを加えてから炒めすぎないこと。実際には30秒程度しか時間をかけていない(混ぜただけ)。時間をかけてしまうと、インゲンがしんなりし過ぎて、油通し後のクリスプな感じが消えてしまうのだ。こういう風に自分では思っています。

いやぁ、ご飯があっという間に進んでしまいましたよ~!

|

« 脳波専門医試験の結果 (EEG exam results) | トップページ | CPSOへのevidence of standingの証明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳波専門医試験の結果 (EEG exam results) | トップページ | CPSOへのevidence of standingの証明 »