« C先生は9歳 (Dr. C is 9 years old) | トップページ | 秘密の特技 (My secret skill to solve Rubik's cube) »

2008/03/03

もう3月 (March has already come)

もう3月になってしまいました。日本ではおひな祭りの季節ですね。

今週は、てんかん外科の脳波モニタリングが長期戦になってしまい(発作時脳波が十分捕らえられていない)、週末も毎日病院に出てきています。

また、3月19日は神経科のgrand roundsで45分程度の発表、4月1日締め切りの原稿書き、その合間に2件のてんかん外科入院を担当するので、なかなか忙しくなりそうです。

今日は患者さんのご家族に手術の説明をしたのですが(神経科および脳神経外科スタッフで)、神経科スタッフのW先生に、「You explain first」と突然言われました。

おかげで、患者さんの母親につたない英語で説明したわけですが... もちろん、W先生がうまくフォローしてくださり、脳神経外科スタッフも外科的見地からの説明をしてくださいましたが。

あとで、W先生は「はっきり説明できていてよかった」と言ってくださいましたが、僕自身は不満足でした。もっと練習が必要だと思います。

実は、数週間前にW先生と最近半年間の研修成果についての話をした際に、「外来で、もっと患者さんに説明をする機会を与えて欲しい」とお願いしていたんです。外来が忙しいと、スタッフがほとんど話をしてしまい、自分が話す機会がほとんどない場合があるからです。

おかげで、最近は外来でもスタッフが「先に説明するかい?」と聞いてくれることが多くなりましたし、今日のような機会も得られたわけです。

それはそれでうれしいわけですが、もっとスムーズに説明できるように、アパートなどで練習しておくと良いかなぁと思っています。練習と経験が必要ですね。

正直、英語を話すということは、スポーツなどと同じことだと思っています。

|

« C先生は9歳 (Dr. C is 9 years old) | トップページ | 秘密の特技 (My secret skill to solve Rubik's cube) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40349/40351824

この記事へのトラックバック一覧です: もう3月 (March has already come):

« C先生は9歳 (Dr. C is 9 years old) | トップページ | 秘密の特技 (My secret skill to solve Rubik's cube) »